« 2017年3月中旬の森の生活 八ヶ岳山麓No.206 | トップページ | 寄せ植えの芸術性 »

2017/04/04

サクラのつぼみを観察する 横浜No.94

 今春は、サクラのつぼみを観察した。サクラでは、つぼみは冬芽、または越冬芽ともいう。秋には枝にたくさんの冬芽をつける。新年に向けて少しずつ成長し、春に開花する。Hp41p40100472月18日に最初の観察をした。2本の小枝に着目して定点観測的に撮影を開始した。そのうちの一枝についてレポートしよう。(写真上は4月1日の観測木の一部。樹木全体では1部咲きぐらいだった)

Hp170218_p2180036
●2月18日
 全体が、鱗片葉(芽鱗)に覆われっている。鱗片葉は、寒さや害虫から花を守っている

Hp170307b_p3070058
●3月9日
 前回にくらべ、わずかに膨らんでいるが、まだ鱗片葉に包まれている。

Hp170323_p3230540
●3月23日
 一段と大きくなり、成長が早いものは鱗片葉が剥けて、苞が露出している。

Hp170325b_p3250015
●3月25日
 ますます膨らんで大きくなり、ピンクの花弁がみえる。

Hp170401a_p4010016
●4月1日
 花冠が膨らみながら長くな伸び、開花直前。

 さて、鶴見川の土手の公園には、たくさんのソメイヨシノが植えられている。その中の1本に写真のような札がかかっていた。それによると、その木が日本で最初に開花したソメイヨシノだという。

Hp_p3250053_2Hp_p3250051偽のほどは不明だが。東京のサクラの開花宣言は、3月21日で、これが日本でもっとも早い開花日だと報道されていた。ところが、横浜にもっと早く咲いたサクラがあるということになる。私がこの札を見つけて撮影したのが、3月25日だった。そのときは、1~2分咲きぐらいだった。東京や横浜が開花日で全国で一というのは、異常な現象だろう。日本国内にはもっと低緯度の都市がたくさんある。それらの都市よりも大都市で早く咲くということは、都市が温暖化しているということではないか?

Hp44nop4040133Hp_170218_p2180025_24月4日のお花見
 近くの仲間と花見をした。観測木の下には、小学生のグループが集まり、にぎやかに歓声をあげていた(写真下)。観測した小枝が折れてなくなっていたので(写真上左 右部の折れ目)、もう一つの小枝(写真上左)の状態をレポートする。2月18日のつぼみ(写真上右)と4月4日の花(写真上左)を比較してみた。なお、観測木は5~6分咲きだった。Hp_p4040129_edited1

『豊田芳州のTheme』に掲載された写真と文章は、著作権法で保護されています。無断使用はご遠慮ください。All pictures and writings on this blog are copyrighted.

|

« 2017年3月中旬の森の生活 八ヶ岳山麓No.206 | トップページ | 寄せ植えの芸術性 »

コメント

灰色うさぎ 様
コメント、ありがとうございます。鶴見川沿いは思いのほか自然が豊かです。また、思いも寄らぬ植物を見ることができます。そのうちに、ネットギャラリーで写真展をしようと思います。
それにしても、八ヶ岳山麓でお目にかかりたいですね。

投稿: 豐田芳州 | 2017/04/09 12:01

お久しぶりです。
春ですね。桜も満開。
こうやって蕾から写真で見ると生き生きしている桜がよくわかりますよね。鶴見川沿い時々歩きますが、いい散歩道ですね。

投稿: 灰色ウサギ | 2017/04/07 18:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2017年3月中旬の森の生活 八ヶ岳山麓No.206 | トップページ | 寄せ植えの芸術性 »