« 横浜・山手のイギリス館 横浜No.93 | トップページ | サクラのつぼみを観察する 横浜No.94 »

2017/03/20

2017年3月中旬の森の生活 八ヶ岳山麓No.206

★八ヶ岳山麓の現状
 3月12日、約2か月半ぶりに八ヶ岳山麓を訪れた。冬の期間、山小屋の周囲は厳しい寒気に襲われる。そこで、暖房用の燃料費を節約しようと、山小屋生活を自己規制した。Hpp3170186_2その結果、氷の撮影と初期の渓流釣りを断念した。不在中の最低気温はマイナス15.2度Cだった(写真)。この最低気温は、私にとっては意外だ。もっと寒いのではないかと思っていた。Hp313_p3131680_3
 往路途中の清里・シーニックデッキでシカの歓迎を受けた(写真)。山小屋へ到着。この時期としては暖かな日和だった。141号線に設置してある野辺山の気温表示には2℃と表示されていた(写真)。氷点下でないのがありがたかった。なにしろ、山小屋生活の初日は寒い。燃料費のほとんどを、小屋を温めるのに使ってしまうからだ。Hpp3151832しかし、日差しが高く、長くなっているのが、春の訪れを感じさせる。
 翌々日、窓を開けると雪景色だった。ベランダの手すりに積もった雪から、積雪は10センチぐらいと推測した(写真)。しかし、日中の日差しでほとんど消えてしまった。

★清里・モリモトのランチ
 14日は、さっそく清里へ出かけ、モリモトのランチを食べた。イチローそっくりのマスターが出て来たのであいさつをした。最近は、この店の常連に名を連ねたのかもしれない。Hpp3141773この日に食べたランチコースの前菜は、『花豆のスープ』と『自家製ハムを添えた野菜サラダ』、『清里マスのカルパッチョ』をワンディッシュに盛りつけたものだ。メインディッシュは、オイルベースの『香川県産のマテ貝とプチベールのスパゲッティ ゆずこしょう風味』だ。一口食べると、ほのかなユズの香りが口いっぱいに広がる。マテ貝は、今までに食べたことがない。Hp_p3141776_2同じ貝類のボンゴレやムール貝とは違った味覚だ。マテ貝の心地よい食感は、アルデンテのパスタとハーモニーを作る。デザートは、『吉澤さんちの花豆と地どり卵のカタラーナ』だった。平べったいお皿に固められたプリン状のもので、表面をこんがりと焼いたお菓子だ。Hpp3141786中央に生クリームと花豆をアレンジしてある。焼き跡がサクサクしていて香ばしい。いつもながら満足できるランチだった。
 最近は、清里観光のお客もここモリモトを目ざしてやって来るようだ。もともと、地元の人気店だったよううだが、観光客にも知名度が高くなってきたのだろう。

★シカの歓迎
 シカの展望台シーニックデッキへ車を止めて観察した。約30頭がわれわれのシーズンインの歓迎してくれた。Hpp3131656

★ベランダに現れたテン
 3月16日もわずかな積雪があった。ベランダの雪面に大きな足跡がある。かなり大きな肉球を持った動物だ。夜中にベランダを歩き回ってから帰ったようだHpp3160084_2Hp_p3160080

★カエデの落ち葉
 もっとも早く芽を出すカタクリやギョウジャニンニクを探したが、みつからなかった。その代わりに林床をおおっているカエデの枯れ葉を撮影した。Hpp3151908_2

★氷シーズンの終焉
 3月19日、散歩道から渓流をのぞいてみた。渓流の氷はほとんど解けて消えている。わずかに残った氷の末路を見届けた。この氷(写真)の成り立ちは、渓流におおい被った倒木から垂れ下がった氷柱が発達して(太くなり)カーテンのようにつながったと考えられる。そこに、飛沫が当たり、ますます厚みのある壁になったようだ。Hpp3190130_2

Hpp3190131_5
Hpp3190132大きな氷は、なかなか解けないので、現在まで残っていたのだろう。 さて、氷をつなぎ留めている倒木と氷が離れそうなので、その瞬間を撮ろとシャッターチャンスを待つことにした。3カットの写真は、氷のシーズンの幕引きを象徴しているといえよう。

『豊田芳州のTheme』に掲載された写真と文章は、著作権法で保護されています。無断使用はご遠慮ください。All pictures and writings on this blog are copyrighted.

|

« 横浜・山手のイギリス館 横浜No.93 | トップページ | サクラのつぼみを観察する 横浜No.94 »

コメント

綾瀬のトンちゃん 様
お久しぶりです。コメントありがとうござます。
3月下旬にもなると、一日中氷点下ということはめったにないので、雪はすぐに溶けてしまうようです。日中は暖かいので、日差しが入る部屋ならば、ストーブを消しても平気です。夕方になると急に寒くなり、手袋がないと屋外撮影はできません。
渓流の氷は、超望遠レンズで覗いて見つかったものです。今にも崩れそうに見えたので、撮影しました。
シカは、清泉寮の敷地内にある、シーニックデッキで撮影したものです。いわば飼育されているようなものなので、心配いりません。
テンは、3、4日後に再度登場し、野鳥用に準備しておいた水浴びスタンドを倒していきました。また、敷地内に鳥の羽が散乱していました。これもテンの仕業だと思います。テンとの距離は確実に小さくなっているので、カメラを仕掛けて撮影しようと思います。

横浜の豊田芳州より。

投稿: 豊田芳州 | 2017/03/26 23:12

芳州先生 おはようございます。今年は格別に寒い日々が続いていますが、お元気ですか。一日一日春めいてくる高登谷高原の様子が、画面からヒシヒシと伝わってきます。渓流の飛沫の写真は、プロカメラマンでないと気が付かない自然現象だと感激しました。30頭ものシカの集団には恐ろしささえ感じます。ベランダのテンは、きっと久しぶりの客人を迎えに来てくれたのでしょう。清里・モリモトのランチ・・、美味しそうですね!!まだ山は寒いんでしょうね!予報では今日は雪の様で。どうぞ家に閉じ込められないように祈っています。

投稿: 綾瀬のトンちゃん | 2017/03/21 09:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 横浜・山手のイギリス館 横浜No.93 | トップページ | サクラのつぼみを観察する 横浜No.94 »