« 2016年7月下旬の森のようす 八ヶ岳山麓No.200 | トップページ | 秋の探訪 八ヶ岳山麓No.202 »

2016/09/09

2016年8月下旬の森のようす 八ヶ岳山麓No.201

気配…沈黙の森から

 今年の夏は、異常だった。「7月下旬の森のようす」でも触れたように、夏らしくないのである。毎年、梅雨明けから1週間はドラマティックな夕焼けが見られるのだが、今年はそれほどの夕焼けは見られなかった。夏らしい安定した天候の日は、8月には4、5日ぐらいあったろうか。Hpp8230460八ヶ岳のある中部地方は、台風の影響が少なかったが、一日の天候が目まぐるしく変わった。入道雲が舞い上がり、それがスコールのように雨をたたきつけ、夕日がさしてドラマティックな夕方を迎え、一日が終わる。撮影の出かけようとすると、急に暗くなり雨が降ってくる。その逆もあった。

 春の横浜でモクレンの早い開花から始まり、八ヶ岳山麓でも春は1週間から10日は早く推移した。初夏のズミの異常な開花、夏の低温と、異常が続いた。一方、日本各地では、猛暑日が続いたようだ。最近の台風の発生のしかたなども気になる。地球は大丈夫なのだろうか?  遅ればせながら8月下旬の森のようすをレポートする。

Hpp8260386Hpp8230417_2●キキョウのつぼみ(上左) 8月23日に見つけた小さな秋 ●キキョウ(上右) 翌日には開花していた

Hpp8220253Hpp8260194_edited1●ハンゴウソウ(上左) ●イタドリ(上右) 花は盛期を過ぎているようだが、昆虫には価値があるようだ


Hpp8250048Hpp8260330●ミヤマモジズル(左) ラン科のネジバナの仲間。しばしば岩の苔の中に根を張る ●ママコナ(右) イネ科の植物などの根に寄生し、自身でも光合成する半寄生植物

Hpp8170326Hpp8220245●タマゴダケ(左) 派手な色をしているが、食用になるという ●ノダケ(右) 茎の先端は、常に成長点として活発に分裂している。進化を目の当たりにするような成長スタイルだ

Hpp8260354_2Hpp8250073_3●ゲンノショウコ(上左) ●ミニチュアキノコ(上右 同定不詳) 高さ約15ミリのキノコ

Hpp8250082●残光が山の尾根を照らしている(上) 8月25日pm5:29撮影 ●森の中から見た夕焼け(最上) 8月23日pm6:31撮影

『豊田芳州のTheme』に掲載された写真と文章は、著作権法で保護されています。無断使用はご遠慮ください。All pictures and writings on this blog are copyrighted. 

|

« 2016年7月下旬の森のようす 八ヶ岳山麓No.200 | トップページ | 秋の探訪 八ヶ岳山麓No.202 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2016年7月下旬の森のようす 八ヶ岳山麓No.200 | トップページ | 秋の探訪 八ヶ岳山麓No.202 »