« 『沈黙の森から』をご高覧いただき、ありがとうございました | トップページ | 2016年8月下旬の森のようす 八ヶ岳山麓No.201 »

2016/08/05

2016年7月下旬の森のようす 八ヶ岳山麓No.200

フォトアルバム沈黙の森からHpp7280057_2

 今年の7月下旬は、梅雨明けが遅れ天候不順だった。そのおかげで、涼しさをとおり超して寒いくらいだった。標高1400メートルの森の中では、例年より最低気温が平年よりも2度Cぐらい低かった。今までは、真夏の最低気温は16度~18度Cぐらいだったのに対し、今年は15度Cを下回ることがしばしばあった。梅雨明け直前の森のようすをレポートしよう。(写真上は夕刻の湖面。鋭いシカの鳴き声が湖面を震わせ”ているようだ)

Hp_p7220302Hp_p7240284_edited1●ウバユリ 25年前、初めて夏の森へ入ったとき、ウバユリを見て『沈黙の森から』というタイトルを思い浮かんだ。私にとっては、夏の森の象徴だ。ウバユリは、開花前にほとんどが虫食い状態になってしまう。写真上右は、虫に食われてスケルトン状態になっている。それでも、果実はできるようだ

Hpp7220244Hp_p7230230_2●ギボウシ シカ除けが機能してから、年々株が増え、花がおきくなってきた ●アカハナカミキリ 渋い赤色は、車の車体に塗装したいような品格がある

Hp_p7240419Hp_p7240427_2●リンゴドクガか? 山小屋のベランダに現れた。棒でつつくと丸まって防御の体制を作る(写真上右)。なぜ丸くなるのか、カモフラージュか? 威嚇か?


Hp_p7230100_edited1_2●エゾクマゼミ
 羽化に巡り合った。途中、イナバウアーのようなポーズになり(写真)、最後は自身の抜け殻に前足で留まる

Hp_p7230048●ミミガタテンナンショウ ウバユリとともに夏の森を特徴づける植物だ。大型なうえにシカが食べないなので、存在感がある

『豊田芳州のTheme』に掲載された写真と文章は、著作権法で保護されています。無断使用はご遠慮ください。All pictures and writings on this blog are copyrighted. 

|

« 『沈黙の森から』をご高覧いただき、ありがとうございました | トップページ | 2016年8月下旬の森のようす 八ヶ岳山麓No.201 »

コメント


小林様
コメントありがとうございます。
いただいたカワセミ一家の写真を山小屋に飾って、小林さんの顔を思い浮かべては、元気になっております。あいかわらずのご活躍、なによりです。ますますのご健闘をお祈りいたします。

投稿: 豊田芳州 | 2016/08/04 10:51


自然界のステキな光景や驚きなど、様々の被写体にレンズを向けられて、毎回勉強させていただいています。お身体に留意されて下さい。これからもよろしくお願いします!

投稿: 小林伸太郎 | 2016/08/04 09:23

投稿: 豊田芳州 | 2016/08/05 14:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『沈黙の森から』をご高覧いただき、ありがとうございました | トップページ | 2016年8月下旬の森のようす 八ヶ岳山麓No.201 »