« 2016年5月上旬の森のようす〔B〕 八ヶ岳山麓No.196 | トップページ | 辻 栄一 写真展『弘前散歩』 第2弾/第3弾 »

2016/05/25

白い森 八ヶ岳山麓No.197

ズミが数年に一度の大満開…フォトアルバム
Hpp5225804_2

Hpp5250167_2 今年は、いろいろな自然界の異変がある。ズミの満開もその一つだ。これほどまでに、山小屋の周辺にズミの木があったとは気づかなかった。それほど花が目だつのだ。Hpp5240293_6Hpap5225838_edited1_3全体が白く見えるほどの咲きぐあいだ。しかも、花期が10日以上早い。周辺に住んでいる方によると、6年ぐらい前にもこのような状態があったという。Hpp5225644Hp_p5235959は、もう30年以上山小屋に通っているが、今まで見たことがない。過去にはタイミングが合わなかったということらしい。

 ズミは、バラ科リンゴ属の落葉小高木~高木だ。果実は、紅色と黄色があるので、種が異なるのかもしれない。花の付き方や葉の出方に、微妙な違いがある。満開の森の中には、杏仁(アンニン)豆腐の香りが漂う。家内によると、以前、果実の種を噛んだとき、杏仁豆腐の香りがしたという。もちろん果実酒も作れる。

 ドイツに「黒い森」(Schwarzwald シュバルツバルト)というのがあるが、山小屋周辺は、まさに「白い森」といった趣だ。Hpp5240206_2森の中は、ファンタスティクである。日中の日差しの下では華やかだが、夕刻や曇天時には幽玄になる。色温度を調節して、夜の白い森を演出してみた。Hpp5240206_3

豊田芳州のTheme』に掲載された写真と文章は、著作権法で保護されています。無断使用はご遠慮ください。All pictures and writings on this blog are copyrighted.

|

« 2016年5月上旬の森のようす〔B〕 八ヶ岳山麓No.196 | トップページ | 辻 栄一 写真展『弘前散歩』 第2弾/第3弾 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2016年5月上旬の森のようす〔B〕 八ヶ岳山麓No.196 | トップページ | 辻 栄一 写真展『弘前散歩』 第2弾/第3弾 »