« 第14回 ヌービック・フォト・フレンズ 5写真展 | トップページ | 2016年5月上旬の森のようす〔A〕 八ヶ岳山麓No.195 »

2016/04/26

両生類の生活 八ヶ岳山麓No194

カエルの卵を観察…補訂版
  (水中写真を追加し、オタマジャクシの健在を確認)
Hp_p4080390
 4月4日、散歩道でカエルの卵を見つけた。この時期にはよく見かけるが、例年よりは少し早いのではないか。まだ卵の形は円形だった。翌日には、卵が長楕円形になり、さらに4日後にはオタマジャクシのような形に変わってきた。この先、四肢が生え、尾が消失してカエルになる。しかし、私の観察はつごうで中断し、4月20日に再度池へ行ってみた。オタマジャクシが泳いでいたので、ホッとした。なお、オタマジャクシとは、柄杓(ひしゃく)の形をしているので命名されたという。Hp_p4040052_2 (写真上右 産卵直後の状態。同左 親ガエルと思われる)

 カエルは、脊椎動物門両生網に属する。いわゆる両生類だ。両生類は、地上で生活するようになった最初の脊椎動物である。幼生のオタマジャクシは水中では鰓(えら)呼吸をし、カエルになると肺呼吸に変わり地上の生活に適応する。「個体発生は系統派生を繰り返す」というE.H.ヘッケルの反復説(参照: 『植物の過去を明かしたい 八ヶ岳山麓No.149』)を前提にすると、カエルの祖先はオタマジャクシ(のようなもの)だったことになる。Hp_p4042114すると、水中生活をしていたオタマジャクシ(カエル)は、長い年月をかけて四肢を発達させて、陸上生活に適応できるようになった。これがカエルである。オタマジャクシの観察から、両生類の生活と進化を考えてみた。 (写真右列5点 卵の生長、Hp45plp4050023上から4月4日水中カメラで、4月5日水面より、4月8日水中の卵のようす、4月9日水面より、同日の水中のようす。撮影倍率は一定ではないので大きさは比較できない)

 カエルの卵を撮影したが、水面が卵を包む寒天質で凹凸しているうえに、Hp48p4082352_2明るい空が反射して水中はよく見えない。寒天質は卵を乾燥から守り、卵が流れて散らばらないような働きをしているようだ。そこで、まずPLフィルターを使い水面の表面反射を除去して撮影した。さらに水中のようすを観察するため、オリンパスのコンパクト水中カメラ・μTOUGH-8000で撮影した。
 オタマジャクシがカエルの祖先とHpp4090522同じような生活をしていたとすると、この池の環境は、両生類が水中から陸上生活に移る環境と似た状態と考ええてよいのではないか? Hp49p4092454_edited1そこで、卵のある周囲の状況も撮影した(写真下左列2点)。浅い水底には枯れ葉が堆積している。カエルは肉食だがオタマジャクシは雑食だいう。枯れ葉やプランクトン、水性昆虫などを捕れる環境が必要だ。卵にとっては新鮮な水は欠かせないだろう。水を供給する水源が2か所ある。一つは池の周囲にある湧水、もう一つは別のところから流れ込んでいる細流だ。卵は、流路から外れたところにある。私がいままでに観察した卵は、すべて流路から外れた水溜りに産卵されていた。植物と同様に水中から陸上生活に移るには、岸辺の近くに産卵するのは当然だ。私が今回撮影した卵は池の岸辺に接していた。そこは野生動物が近づく余地があるので、安全とはいえない。近くには、テンやキツネ、アナグマ、タヌキが生息している。Hpp4042258ほかに、カラスや猛禽類も狙っているだろう。そのような厳しい環境を克服して、両生類は子孫を残してきたのだ。親ガエルは、近くで卵を守っているようだった。私が撮影のために近づくと、親ガエルがケロケロと鳴いて遠ざかっていった。 (写真左2点 卵のある池のようす。水中カメラで)

 陸上の生活に適応するためには、ほかにもいくつかの試練が待ち構えている。まず肺呼吸だ。水中では鰓呼吸だったが、陸上では肺呼吸をしなければならない。カエルは皮膚呼吸もする。Hp_p4042240餌を採取したり天敵から逃れるためには、移動の手段として四肢(前足と後ろ足)の発達が欠かせない。特に後ろ足は発達し、太い背骨と結合して陸上移動の主要器官となっている。同時に水かきがあるので、水中の生活にも対応している。陸上では尾はじゃまになるので、退化した。カエルはオタマジャクシの時代に、長い歳月をかけて陸上の生活に適応してきた。

 両生類は、古生代石炭紀(約2億年~3億年前)の化石にその存在を確認できるという。そのころ、爬虫類も登場し、将来の哺乳類へと進化する基礎になった。Hp420p4200354_2その当時の両生類は絶滅し、現存の両生類は、新生代(約6500万年前)から現れたという。現在、有尾類(サンショウウオ、イモリ)、無足類(アシナシイモリ)、無尾類(カエル)の3目、2800種が知られている(写真右 4月20日に撮影したオタマジャクシ。いろいろな天敵がいるので、まだ油断できない)

『豊田芳州のTheme』に掲載された写真と文章は、著作権法で保護されています。無断使用はご遠慮ください。All pictures and writings on this blog are copyrighted. 

|

« 第14回 ヌービック・フォト・フレンズ 5写真展 | トップページ | 2016年5月上旬の森のようす〔A〕 八ヶ岳山麓No.195 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第14回 ヌービック・フォト・フレンズ 5写真展 | トップページ | 2016年5月上旬の森のようす〔A〕 八ヶ岳山麓No.195 »