« なぜ、北へ傾くのか 横浜No.89 | トップページ | 2016年 早春のバラクラE.G. 八ヶ岳山麓No.193 »

2016/03/14

モクレン去りて、サクラ来る 横浜No.90

2016年 桜の現状
Hpp3130191_edited1_2
 好きなハクモクレンも満開を過ぎ、終盤に入った。次はサクラである。3月13日、鶴見川河畔の桜のようすを見に出かけた。大きく膨らんだつぼみには、ピンクが顔をのぞかせ、今にも開きそうだった。昨年は、この木の下に、たくさんの車椅子が集まり、にぎやかな宴が催されていた。     
     待ちわびる 歓喜の宴 花見酒

Hpp3130219_4 施設の人々も、桜との再会に胸を膨らませていることだろう。今年の横浜の予想開花日は322日、満開の予想日は330日だ。Hpp3130232_2

『豊田芳州のTheme』に掲載された写真と文章は、著作権法で保護されています。無断使用はご遠慮ください。All pictures and writings on this blog are copyrighted.

|

« なぜ、北へ傾くのか 横浜No.89 | トップページ | 2016年 早春のバラクラE.G. 八ヶ岳山麓No.193 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« なぜ、北へ傾くのか 横浜No.89 | トップページ | 2016年 早春のバラクラE.G. 八ヶ岳山麓No.193 »