« 新春のごあいさつ | トップページ | フランスの寛容…多民族に開かれた国家 »

2015/01/18

西方寺のロウバイは春 横浜No.80

河川敷のススキは厳冬

Hpp1170142

 117日は、阪神・淡路大震災20年の追悼式典など関連の行事とそれを扱うTV番組が目だった。震災の痛ましさを印象づけられた一日だった。被災された方々に哀悼の意を表する。私は、横浜市港北区新羽の西方寺を訪れた。本堂で合掌した後、脇のロウバイを撮影した。まだ3分咲きといったところだが、周囲に芳香を放っている。Hpp1170102初春の明るい陽射しを受けて輝いているようすは厳寒を忘れさせた。Hpp1170039参拝者や撮影に来た写真家たちもロウバイを前にして晴々した表情だった。

 一方、午後になると北風が吹きすさび、いっきに気温が下がった。夕刻、鶴見川の河川敷へ行くと、Hpp1170077_2枯れススキが寒風になびき、午前中の春日和から真冬へ逆戻りした。付近の風力発電機の風速計は風速10メートル以上を記録していた。西方寺境内の体験が嘘のようだった。なお、本ページに掲載した写真は、すべてオリンパス スタイラス1で撮影したもの。 

Hpp1170304『豊田芳州のTheme』に掲載された写真と文章は、著作権法で保護されています。無断使用はご遠慮ください。All pictures and writings on this blog are copyrighted.

|

« 新春のごあいさつ | トップページ | フランスの寛容…多民族に開かれた国家 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新春のごあいさつ | トップページ | フランスの寛容…多民族に開かれた国家 »