« いろいろな“気”を撮った写真展 26日15時まで | トップページ | サンリス・プチ・トリップ »

2014/11/27

『木枯らし』エチュード/『雨だれ』プレリュード

雨の新宿御苑

 今年は紅葉の当たり年といってよいだろう。私は、11月中旬、小諸の懐古園ですばらしい紅葉と黄葉を体験した。標高1400メートルの八ヶ岳山麓にある山小屋周辺でも昨年よりは早く色づき、鮮やかで葉の傷みが少ないので、撮影カットが増えた。昨日は新宿御苑へ出かけた。イチョウの黄葉はピークか? カエデの紅葉は8分というところだろうか?
Hppb265379_2『木枯らし』 ショパン エチュード イ短調 op.25 No.11

 私は、枝に付いた葉よりも落ち葉のほうが好きだ。落ち葉のほうがよりドラマが感じられる。傷んだ葉には、過去の実績が読みとれ、共感や同情を誘われる。風雨の中、落ち葉に焦点を絞って撮影した。撮影したカットを見ながら、ショパンのピアノ曲を連想した。

Hppb265526『雨だれ』 ショパン プレリュード 変ニ長調 op.28 No.15

『豊田芳州のTheme』に掲載された写真と文章は、著作権法で保護されています。無断使用はご遠慮ください。All pictures and writings on this blog are copyrighted.

|

« いろいろな“気”を撮った写真展 26日15時まで | トップページ | サンリス・プチ・トリップ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いろいろな“気”を撮った写真展 26日15時まで | トップページ | サンリス・プチ・トリップ »