« それぞれのハロウィン 横浜No.78                   八ケ岳山麓No.169 | トップページ | 黄葉をまとう山村 八ケ岳山麓No.170 »

2014/11/02

『心の琴線にふれた光景』2014

8回 横浜写心倶楽部 写真展
Hp2014dmimg_0001

会場:横浜市港南区民センター「ひまわりの郷」ギャラリー(港南区民文化センター内 アクセスはDMのマップ参照)
会期:2014116()12() 10:0018:00 初日は14:00~ 最終日は~17:00


 琴線とは琴の糸のことだが、もう一つ慣用的な意味がある。「外界の物事に触れて、さまざまな思いを引き起こす心の動き」という意味だ。いうまでもなく、写心倶楽部のタイトルはHpimg_0002後者にかかわる。「琴線にふれる」とは心の動きを琴の糸にたとえた言い方で、感動の一つのパターンである。琴の糸のように感じやすく、共振、共鳴して心に残ることを意味する。すなわち、琴線とは作者の中(内界)にあるものをさす。一般的にシャッターをきるということは、外界の被写体が内界である作者の琴線を刺激することと言えよう。撮影者の琴線はさまざまだ。今回も、琴線を3つのカテゴリーに分けて展示する。≪本能を呼び覚ます≫ ≪自然への共感・共鳴≫ ≪過去を追想する≫の3つだ。いずれも、人類の過去の進化と学習から得た琴線といってよいだろう。


 私たちはしばしば原始的な風景にあこがれる。水辺に郷愁を感じるのは、私たちの遠い祖先が進化の過程で水辺の生活を体験したことがあるからだ。自然にあこがれるのは、過去に厳しい自然を克服した知恵Hppb060881_2が、私Hppb060866_4たちの身体に“記憶”されているからではないか。過去を大切にする習性は、体験や創造を財産として蓄積してきたおかげだ。代表作を以下に掲載する。なお、私は出展していない。Hppb060856_4

≪本能を呼び覚ます≫ 『祭 礼』 (高千穂神社) 森内秀樹Hp01_dsc_0070a


≪自然への共感・共鳴≫
『亀 裂』(吹割の滝) 
岡田正久Hp14_d31a6029a


≪過去を追想する≫『ゆうなぎ』
(横浜港)  稲葉一郎Hp36_29_img_0047c

『豊田芳州のTheme』に掲載された写真と文章は、著作権法で保護されています。無断使用はご遠慮ください。All pictures and writings on this blog are copyrighted.

|

« それぞれのハロウィン 横浜No.78                   八ケ岳山麓No.169 | トップページ | 黄葉をまとう山村 八ケ岳山麓No.170 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« それぞれのハロウィン 横浜No.78                   八ケ岳山麓No.169 | トップページ | 黄葉をまとう山村 八ケ岳山麓No.170 »