« 『ドイツの栄光』展の観客を分析する ドイツNo.141 | トップページ | パリ・マドレーヌ教会のコンサート »

2014/05/20

2014年5月中旬の森のようす 八ヶ岳山麓No.161

 森がもっとも魅力的な季節になった。写真でそのようすを紹介しよう。

スミレ(下左) ●ニリンソウ(下右) どちらも足の踏み場がないぐらい群棲しているHpp5150371 Hpp5150019

シダ類の若葉(下左) ●オシダの芽(下右) シダ植物には野生のパワー感じるHpp5150038 Hpp5150137

ネコノメソウ(下左) ●ヤマエンゴサク(下右) 花冠のようすは進化の妙を感じさせる Hpp5150156 Hpp5152409

バイケイソウの若葉(下左) 原生林の中で秩序あるパターンをつくる ●同定不詳の花(下右) Hpp5150336専門家のアドヴァイスが欲しいHpp5152400  

ワラビ(下左) 八ケ岳山麓のこの時期では旬だ ●若葉(下中) 揺籃期のかわいらしさがある  ●シカの角研ぎ跡(下右) 近寄って観察すると鋭いこすり傷になっているのがわかったHpp5150383 Hpp5150207

Hpp5152422

『豊田芳州のTheme』に掲載された写真と文章は、著作権法で保護されています。無断使用はご遠慮ください。All pictures and writings on this blog are copyrighted.

|

« 『ドイツの栄光』展の観客を分析する ドイツNo.141 | トップページ | パリ・マドレーヌ教会のコンサート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『ドイツの栄光』展の観客を分析する ドイツNo.141 | トップページ | パリ・マドレーヌ教会のコンサート »