« 植物のしぐさ…フォトレポート | トップページ | Deutsche Geist 『ドイツの栄光』展 予告 ドイツNo.139 »

2014/03/29

フォトクラブ彩光 神代植物公園展 4月6日まで

花の賛歌写真展2014… 野の花からのメッセージ
Hp2014dm

期日:2014年4月1日(火)~4月6日(日) 9:30~16:30
会場:神代植物公園 植物会館ロビー 入場無料ですが、植物公園の入園料(500円/65歳以上250円)がかかります

【あいさつ文】 ひと目、沈黙を守っているように見える野草たちも、カメラのファインダーを通して観察していると、さまざま会話をしているように感じます。私たちフォトクラブ彩光のメンバーは、その会話に加わろうとHp2014dm_3心がけています。そこで、私たちはその関係を人間社会にたとえて、3つカテゴリーに分けてみました。
  「森の顔役」 「会話がはずむ同志」 「にぎやかな仲間」
 山野は、思いのほか活気にあふれています。野草たちの会話を想像していただけたら幸いです。 2014年4月1日 フォトクラブ彩光 一同 (写真下右は作品一覧 ポップアップ可)Hpi2014 

 私は、八ヶ岳山麓で撮影したミミガタテンナンショウの果実の写真『最期の自己主張』を出品した(写真下左)。ミミガタテンナンショウは、春の発芽から夏の花、秋の果実まで、ずっと大きな顔をしている。Hppa028564_2 大きな個体は不気味な雰囲気を周囲に放ち、いかにも森の顔役といった存在だ。10月上旬、真っ赤な果実がこもれ日を浴びてたたずんでいた。自身の重さで倒れるのは時間の問題だ。

 3月28日、神代植物公園へ撮影に出かけた。園内は春の被写体でいっぱいだった。撮影を兼ねて『花の賛歌』写真展をご高覧いただけたら幸いだ。 (写真下左 カタクリ。同下右 キクザキイチゲ)Hpp3280142 Hpp3280044

『豊田芳州のTheme』に掲載された写真と文章は、著作権法で保護されています。無断使用はご遠慮ください。All pictures and writings on this blog are copyrighted.

|

« 植物のしぐさ…フォトレポート | トップページ | Deutsche Geist 『ドイツの栄光』展 予告 ドイツNo.139 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 植物のしぐさ…フォトレポート | トップページ | Deutsche Geist 『ドイツの栄光』展 予告 ドイツNo.139 »