« オリンパスXZ-2の主な仕様 | トップページ | 春の訪れを告げる写真展 横浜No.74 »

2014/02/16

陸の孤島状態 八ヶ岳山麓No.159

胸までの深雪をラッセルHpp2160082

 八ケ岳山麓で2月14日から15日にかけての降雪は、なまはんかなものではなかった。Hpp215004815日の朝、ベランダの扉を開けようとしたが開かない。吹きつけた雪が扉に凍り付いて、セメントで固めたみたいになっていた。 外側からベランダに上がり雪を除き、中からドライヤーで温めて氷を融かしてやっと開いた。ベランダの積雪は、以前のぶんも合わせると1.5メートルを越している。14日朝の段階では40センチぐらいだったので、1メートル以上の積雪になろうか? (写真上右 ラッセルしたアプローチ)

Hpp2150021  山小屋前の車道に出るために、玄関から敷地の入口までラッセルすることにした。ラッセルを始めると、積雪は胸の高さまである。私は学生時代にスキー部と山岳部に所属していたが、いままでに、こんなラッセルはしたことがなかった。ストックで体を支えながらゆっくり進んだ。約15メートルを2時間はかかった。1メートル進むのに約8分かかった勘定になる。自身の体力の低下と冬山の厳しさを実感した。 (写真上左 ラッセル風景)

 雪に埋もれた車を掘り起こすのが、また、たいへんだ。車体が見えるまでに家内が2時間以上掘った。そのあと、私は好いとこどりで、ボンネットとフロントグラスがわかるようにした。Hpp2160094 Hpp2160098 しかし、車体の70パーセントはまだ雪の下だ。除雪車はまだ来ない。従来のブルトーザーでは除雪できないらしい。雪をかき集めて周囲に吹き飛ばす本格的な除雪車が必要のようだ。16日現在も山小屋は、まだ陸の孤島である。
【補足】18日夕刻、いつもの除雪車が来て道路は開通した。さっそく村へ買いものに出かけた。行きなれたスーパーだが、商品が輝いて見えた。

『豊田芳州のTheme』に掲載された写真と文章は、著作権法で保護されています。無断使用はご遠慮ください。All pictures and writings on this blog are copyrighted.

|

« オリンパスXZ-2の主な仕様 | トップページ | 春の訪れを告げる写真展 横浜No.74 »

コメント

Misako T.様
コメント、ありがとうございます。
稀有な体験だったのでブログを書きました。しかし、よく考えてみたら生存の危機に直面しているのではないかと思い、怖くなりました。
まだこれからも大雪があるかもしれません。お互いに警戒しましょう。

投稿: H.T. | 2014/02/25 20:52

今年のの大雪は本当に大変でしたね。まさか八ヶ岳でそれを体験なさったとは、びっくりしました。それにしてもご無事で本当によかったです。
でも、早速それをブログの記事にしてしまうなんて・・・さすがプロフェッショナル!と感動です。
我が家は山ではありませんが(昔々、駅前には「高原の駅」という旗が立ってたみたいですが)どこも坂道ばかりなので大変です。特に早朝は道が凍って、車はチェーンを巻いてても危険。怖いもの知らずの遭難車?が点々と・・・私の車はまだガレージで眠ったままです。

投稿: Misako T. | 2014/02/22 18:34

励ましのコメント、ありがとうございます。昨日夕方、除雪が終わり、村へ降りることができました。ただ1車線なのですれ違いがたいへんです。
ナナーズは、品数が十分で、ほぼ通常の買い物ができました。食料は補充できたものの、現状は甘くはありません。停電になっても、灯油がきれても、ピンチに陥ります。
山梨県内では多くの方々が不便な生活を余儀なくされているようですので、われわれは良いほうです。厳しいですが、良い経験をしました。
春になって、お会いできることを楽しみにしております。

投稿: H.T. | 2014/02/19 10:51

大変な時に遭遇しましたネ。昭和天皇の大喪の礼の時同じような自然現象にぶつかりました。高登谷にいました。一週間外に出られず、空腹で死ぬ一歩手前で山をおりました。後日、歩いてナナズまで3時間かけて買い物に言ったとの話も聞きました。今日大和のイオンまで買い物に行きました。入荷薄で棚はカラッポ、人で人でごった返していました。道路は大渋滞!日本沈没前夜を感じました。どうぞ無理されませんように祈っています。

投稿: 綾瀬のトンちゃんです。 | 2014/02/18 17:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オリンパスXZ-2の主な仕様 | トップページ | 春の訪れを告げる写真展 横浜No.74 »