« 縁結び・祈願・誓い ドイツNo.137 | トップページ | 「黄金の足」 »

2013/09/01

第17回『レンズの詩』…旭が丘写真クラブ秋季展

 清瀬市の旭が丘写真クラブは、『レンズの詩』と題して、毎年、春と秋の2回写真展を開催している。『レンズの詩(うた)』というのは比喩である。同クラブは、被写体や撮影者より機材であるレンズに着目し、それを擬人化して詩人としたのである。写真はいろいろな要素から構成されるが、2013pcレンズが主役というのは納得できる一つの考え方ではないか。レンズを光学機器としてではなく、血の通った作家ととらえた。『レンズの詩』には、アイディアとクラブの謙虚さを感じる。

 秋季展は17回目になる。毎年、清瀬駅北口のクレアビル4階ギャラリースペースで開催している。要項は、DMのポップアップ画面をご参照ください。駅前なのでアクセスは便利だ。ご高覧いただけたら幸いだ。なお、私はプレゼンテーターで、出展していない。参照: 『理想的なアマチュアの写真活動』 第23回 レンズの詩』

|

« 縁結び・祈願・誓い ドイツNo.137 | トップページ | 「黄金の足」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 縁結び・祈願・誓い ドイツNo.137 | トップページ | 「黄金の足」 »