« 盛夏の訪問者 八ケ岳山麓No.153 | トップページ | 第17回『レンズの詩』…旭が丘写真クラブ秋季展 »

2013/08/25

縁結び・祈願・誓い ドイツNo.137

リューベックの歩道橋

Hpp5315311 リューベックの旧市街(世界文化遺産)は、運河に囲まれた島の中にある。旧市街へ入るには12本の橋を渡る必要がある。Hpimg_2その中の4本は歩行者と自転車だけが通れる歩道橋だ。自転車が主要交通機関の一つであるリューベックにとっては重要な橋と言えるだろう。その中の一つの橋で珍しいものを見つけた。Hpp5315302_2Hpp5315307_2たくさんのカギが橋の欄干にくくり付けらえているのだ。見つけた当時は、それが何のためなのか? なぜそこにあるのか? などは不明のまま撮影した。 (写真上3点 リューベックの歩道橋にて)

 ところが、TV番組でパリのセーヌ川にかかる橋にも同じものがあり、二人(恋人どうしなど)の絆が切れないように願を掛けるためのものだとわかった。さらに、横浜・大桟橋にも同じものがあるのを知って、撮影に出かけた。Hpp7196681国内各所に類似したものがあるようだ。大桟橋の例から、絆だけでなく自身の健康や世界の平和など、願いや誓いの内容は自由に決められるのだとわかった。願掛けを託すというのはわかったが、なぜ橋の欄干なのか、桟橋なのかはわからない。Hpp7196701Hpp7196693想像するに、“架け橋”として意味があるのではないか。なお、大桟橋では場所を提供するだけでなく、売店でカギを販売しているようだ。 (写真上3点 横浜・大桟橋にて) 

『豊田芳州のTheme』に掲載された写真と文章は、著作権法で保護されています。無断使用はご遠慮ください。All pictures and writings on this blog are copyrighted.

|

« 盛夏の訪問者 八ケ岳山麓No.153 | トップページ | 第17回『レンズの詩』…旭が丘写真クラブ秋季展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 盛夏の訪問者 八ケ岳山麓No.153 | トップページ | 第17回『レンズの詩』…旭が丘写真クラブ秋季展 »