« タイヤに集まる昆虫たち 八ヶ岳山麓No.150 | トップページ | 『心の琴線にふれた光景』 »

2013/06/20

夕刻の家族団らん ドイツNo.136

パリの公園で観察したこと

 ヨーロッパと日本の生活リズムの違いを感じるのは、夕刻の過ごし方だ。特に、夏はその違いをまざまざと感じる。緯度の高さとサマータイムで日没が遅くなり、夕方の屋外での活動時間がかなり延びる。夏至前後の6月では22時ごろまでは十分明るい。というわけで、夕食を屋外でとったり、公園やレストランンへ出かけて、スポーツやピクニック、ゲーム、喫茶などで家族団らんを楽しむ習慣があるようだ。 (写真下 ホテルのベランダから撮影した公園。6月11日、20時20分)Hp1006112020p6117789_2
 6月上旬、パリに滞在したとき、夕食を済ませて部屋へ戻ると、毎日、人々の歓声が窓から入ってきた。ホテルの前の公園で余暇を楽しむ家族の歓声である。窓から観察すると、数人以上のグループがシートを広げて車座になっているのがわかった。グループは親子や隣近所、友人の家族などで構成されていうようだ。メンバーは老若男女さまざまである。毎夕21時過ぎまでにぎやかだった。日本なら騒音として苦情が出るのではないか。パリでは、周囲の住宅から何の苦情もないようだ。すなわち、パリ人にとって夕刻に公園で余暇を過ごすことは日常であり常識なのである。私たちは、パリの名物として好感をもってその歓声を楽しんだ。 (写真下左 公園の家族。6月2日、19時31分)Hp1006021931p6032284_3

 ドイツで体験したことだが、ドイツ人は冬でも夕食後に屋外へ出かける。クリスマス前のアドベント(待降節)では家族ぐるみで夜のクリスマス・マルクトへ出かけるし、カーニバルでも仮装して町へ繰り出し、祭りや喫茶、ゲームなどを楽しむ。ここにも家族の団らんがあった。これは、おそらくドイツに限らないだろう。西欧のライフスタイルであろうか。

 夕食後に家族どうしで過ごす時間は、彼らにとって意義があるはずだ。家族の絆を深めるだけでなく、世代間の格差を埋め、家風を伝え、子どもたちは社会性を磨けるのではないか。Hp1006041934p6045819_5この生活習慣で得られるものは大きいと感じた。日本にはない時間の過ご方である。そんなわけで、私はサマータイムに賛成だ。夕食後に得られる1時間が家族の絆の改善と構築に役立てられるかもしれない。もっとも、日本では残業というハードルがある。せっかくのサマータイムを生かせるかは家長の心がけしだいだろう。 (写真上右 公園で卓球を楽しむ人々。6月4日、19時34分)

 なお、ドイツもフランスと同じ生活習慣なので、ドイツのカテゴリーに加えた。

『豊田芳州のTheme』に掲載された写真と文章は、著作権法で保護されています。無断使用はご遠慮ください。All pictures and writings on this blog are copyrighted.

|

« タイヤに集まる昆虫たち 八ヶ岳山麓No.150 | トップページ | 『心の琴線にふれた光景』 »

コメント

灰色うさぎ 様
コメント、ありがとうございます。
1980年代、初めてドイツのケルンへ行ったとき、ネイティブなレストランで夕食をとっていると、数人の家族ずれが入ってきました。ソフトドリンクやアルコールをオーダーしてからテーブルにカードを広げてゲームを始めました。この場面が、私には新鮮に感じました。日本にはない状景だったからです。当時は、9月下旬で屋外は暗かったと思います。夏にかぎらず、夕食後に家族談らんがあるのは、ドイツ(西欧)の日常のようですね。

投稿: H.T. | 2013/07/09 09:46

とっても不思議に思っていまだに謎が解けないのですが、イギリスにいる時、夜9時になってもまだ明るい。サマータイムと言っても1時間早くなるだけですよね。それを差し引いてもまだまだ明るい。
緯度かと思って北海道の人に聞いたら、「そんなに違わない」と言っていました。
知り合いのインドネシア人は日本の夏にラマダンが当たると、なかなか日が沈まないから、おなかがすいて辛いと言っています。
赤道直下と日本が違うのはわかるけど、イギリスと日本が違い過ぎるのが良くわからないんです。

投稿: 灰色ウサギ | 2013/07/03 22:36

コメント、ありがとうございます。
日本でも、地方では、特に祭事のときには家族団らんがありますね。パリとそれほど変わらないかもしれません。
自身の都会生活が長くなり、周りの家族構成や住宅事情がが変わっていくのを見て、パリの体験が新鮮に感じました。

投稿: H.T. | 2013/06/25 10:13

いつも新鮮なブログを見ています。
外国には縁が遠い小生ですが、昔の田舎時代を思い起こすと子供なりに夕食後、庭先で近所のお年寄りの人達と話をしながら好奇心を持ち大人の世界を知る場があったような気がします。日本的、田舎的な夕食後の過ごし方だったでしょうか。 今頃の住宅事情もあるのでしょうが、夕方の外での団らん風景は本当にないですね。ただ、救急車が来ると家々から外に出てきて覗く位かな? また、祭の時くらいかな! 高齢化の進む時代、住民が外に出て語らう環境、雰囲気づくりを呼び戻したいですね!
また、楽しみにしています!

投稿: i,s | 2013/06/23 11:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« タイヤに集まる昆虫たち 八ヶ岳山麓No.150 | トップページ | 『心の琴線にふれた光景』 »