« イルミネーションの撮影を楽しむ | トップページ | メルヘン調のウエルツェン駅 ドイツNo.128 »

2013/01/01

あけましておめでとうございます ドイツNo.127

ドイツからの風 No.8Hp_p6016096_2

 あいかわらず、ドイツの珍道中を続けております。昨年は、ハンブルグを起点にしてリューベックとツェレを訪ねました。リューベックは、かつてバルト海と北ドイツの交易の中心地で、ハンザ同盟の本部が置かれていた町です。写真のホルステン門は、その象徴です(写真右)。マルクト広場では、科学イベント(Wissenschaftssommer2012)が開催され、子どもたちの歓声が広場にこだましていました(写真下)。マリエン教会では、オルガンとトランペットの協奏コンサートを楽しみました。Hp_p6021728_2メインストリートのブライテ通りでは、雑踏に大道芸の演奏が溶け合い、ハンザ同盟当時のにぎわいを想像しました。(写真下右 マルクト広場からのマリエン教会。 写真下左 繁華街の大道芸)Hpp6015638_2

Hp_p6015822











 皆さまの新年が平穏でありますよう、心よりお祈り申しあげます。          2013年元旦(年賀状より)

参照:リューベックのホルステン門 ドイツNo.121マリエン教会のコンサート ドイツNo.123

『豊田芳州のTheme』に掲載された写真と文章は、著作権法で保護されています。無断使用はご遠慮ください。All pictures and writings on this blog are copyrighted.

|

« イルミネーションの撮影を楽しむ | トップページ | メルヘン調のウエルツェン駅 ドイツNo.128 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イルミネーションの撮影を楽しむ | トップページ | メルヘン調のウエルツェン駅 ドイツNo.128 »