« リューベックのホルステン門 ドイツNo.121 | トップページ | 森の中で老女と対話 八ヶ岳山麓No.141 »

2012/07/22

『植物奇談』…フォトレポート

志賀高原撮影記…コンパクトカメラシリーズ41Hpp7191418

 フォトクラブ彩光恒例の志賀高原撮影会へ参加した。いつもながら、彩光のメンバーにガイドをしていただき、蓮池周辺と東館山高山植物園で草花の撮影を堪能した。しかし一方で、『植物奇談』(フォトレポート)をまとめてみた。 (写真上右●モウセンゴケ)

 私の自然観の基本は「厳しさ」や「不可解」である。ひと目、美しく見える被写体にも、それを支える厳しい環境や、Hpp7191746解明できない自然のメカニズムがある。私はそれらを撮りたいのである。最近、私の作風に対して、「おどろおどろしい写真」まではよいとして、「ゲテモノ系」「不気味系」「怖いもの系」などと評する人がいる。やや不満だが、それは認めてもよいだろう。作風がわかるのは、成果のあかしであるからだ。 (写真上左●サンカヨウの実)

 一方、私は「きれい」「美しい」は写真のモチーフにはならないと主張している。「きれい」や「美しい」は漠然としていて具体性がない。Hpp7191696「新鮮」なのか、「清楚」なのか、「可憐」なのか、「メルヘン調」なのか、「巧妙」なのか、「きれい」を分析すると以上のような言葉に置き換えられるはずだ。そして、それぞれで撮り方が変わるのである。私が「厳しさ」や「不可解」を志向するのは、「きれい」に対するアンチテーゼでもあるのだ。おどろおどろしい写真を掲載しよう。撮影には、すべてオリンパスXZ-1を使用。 (写真上右●ニッコウキスゲ)

●クモキリソウ ●シダの若葉Hpp7181397
Hpp7191566










●チングルマ ●フジアザミHpp7191879_3

Hpp7191464
●ギンリョウソウHpp7191596_2

『豊田芳州のTheme』に掲載された写真と文章は、著作権法で保護されています。無断使用はご遠慮ください。All pictures and writings on this blog are copyrighted.

|

« リューベックのホルステン門 ドイツNo.121 | トップページ | 森の中で老女と対話 八ヶ岳山麓No.141 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リューベックのホルステン門 ドイツNo.121 | トップページ | 森の中で老女と対話 八ヶ岳山麓No.141 »