« 第43回 まちだ写好会 春の写真展 | トップページ | 旭が丘写真クラブ展 第22回「 レンズの詩」 »

2012/03/16

フォトクラブ彩光展「花の賛歌2012」

≪野の花からのメッセージ≫

会場:神代植物公園 展示棟ロビー(公園の入場料 大人500円、65歳以上250円)/会期:3月20日(火)~4月1日(日)9:30~16:30Hp2012dm_3 (3月26日(月)は休園)

 メンバーの有志14名による半切22点が展示される。入園料がかかるので、園内撮影を兼ねてご高覧いただけたら幸いだ。以下にあいさつ文と作品一覧を掲載する。 〔あいさつ文〕 高山や高原、湿原などの大自然の中で育つ植物は、ひと目、恵まれているように見えますが、実は土壌や温度、湿度、日照などの厳しい自然環境に耐えて生活しています。一方、都市の片隅でひっそりと咲いている野草は、人間の生活圏との縄張り争いがあり、また、外来種や園芸種などとの競争がありたいへんです。大自然の中でも、都市の中でも生きる厳しさは同じです。Hp2012dm_4そしてどちらの野草も日本の貴重な資源です。私たち「フォトクラブ彩光」は、厳しさに耐えている野草に魅力を感じ、とりつかれた仲間です。野草たちとつきあいながら、その声を聞き、それをメッセージとして伝えることを心がけています。私たちのメッセージが、少しでも皆さまにご理解いただけたら幸いです。

〔作品一覧〕Hp

メンバーと会場風景Hp2012p3199455_3 Hp2012p3199466_2

          

           

            

           

Hpp9251178 私は、八ヶ岳山麓で撮影したミミガタテンナンショウの果実の写真を出展した。赤い実は、森の中ではひときわ目立つが、近寄りがたい雰囲気を漂わせていた。そこで、「厳然」というタイトルを付けた。日中シンクロでフラッシュを弱く発光、背景を暗く調節し、果実の存在感を強調した。【撮影データ】オリンパスXZ-1 ズイコーデジタル6~24ミリF1.8~2.5(6ミリ 35ミリ判換算28ミリ) 絞りF6.3 オート(1/50秒) -2.0EV フラッシュ発光 ISO400 WB晴天

『豊田芳州のTheme』に掲載された写真と文章は、著作権法で保護されています。無断使用は、ご遠慮ください。All pictures and writings on this blog are copyrighted.

|

« 第43回 まちだ写好会 春の写真展 | トップページ | 旭が丘写真クラブ展 第22回「 レンズの詩」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第43回 まちだ写好会 春の写真展 | トップページ | 旭が丘写真クラブ展 第22回「 レンズの詩」 »