« 旧品川宿から江戸情緒を想像する | トップページ | 大倉山エルムフォトクラブ写真展 »

2012/02/08

『輪・話・和』…ミステリー・リング

写好会MARO 第七回写真展Hpmaro_dm_3

 私がコーチを務める写好会MAROの作品展を紹介する。同クラブは、テーマが表すとおりチームワークの良いグループだ。メンバーの総意で『輪・話・和』というすばらしいタイトルとテーマを考え、多様な解釈で撮影している。以下に要項とあいさつ文を掲載する。

会場:海老名市民ギャラリー 第一展示室/会期:2月8日(水)~13日(月)10:00~17:00 初日は13:00から 最終日は16:00までHpmarodm

〔あいさつ文〕 私たち「写好会MARO」は作品展のテーマを大切にしています。今回は、まず「輪・話・和」というタイトルを考え、それを元にテーマを構成しました。 「輪」の原意は「車+侖(リン)」で車輪を意味します。円、丸、リング、ループ、輪郭など、形を意味するだけでなく、輪番、輪読など、人々が集まり力を合わせる意もあります。Hpmarop2087045_2Hpmarop2087058「話」は人間のコミュニケーション手段です。私たちが仲よく暮らせるのは話のおかげです。 「和」は「平和」に代表されるように、仲よく協力し合う気持ちや、うまく調和がとれているようすのことです。 「輪・話・和」は単なる語呂合わせではなく、それぞれに共通の意味を探りテーマとし、人々が和やかに仲よく過ごせる場面を撮影しました。ご高覧いただけたら幸いです。  写好会MARO一同Hpmarop2087068

 私は、霜柱を撮影した「ミステリー・リング」 (写真下)を出品した。リング状に結晶した理由がわからないのでミステリー・リングと名づけた。使用カメラはオリンパスXZ-1。自由度の高いカメラポジションならびにアングル選択、Hppc245015高性能のスーパー・マクロAF、シャープなレンズなど、同機の機能と性能を十分に生かせたと思う。

『豊田芳州のTheme』に掲載された写真と文章は、著作権法で保護されています。無断使用は、ご遠慮ください。All pictures and writings on this blog are copyrighted.

|

« 旧品川宿から江戸情緒を想像する | トップページ | 大倉山エルムフォトクラブ写真展 »

コメント

綾瀬のトン様
「輪・話・和」展をご高覧いただき、ありがとうございます。このコメントを読んで写好会MAROのメンバーも、さぞ喜んでいることでしょう。
いつも、本ブログへ温かなコメントをいただき光栄です。今後ともご支援のほどお願い申しあげます。ご自愛ください。

投稿: H.T. | 2012/02/17 17:30

昨日海老名市民ギャラリーの「写真展」を鑑賞させて頂きました。皆さん「和・輪・話」の題材に上手に取り組まれていて、楽しい写真展でした。
受付の皆さんも和!輪!にこやかで・・、お客さんも平日でしたが大勢いらっしゃいました。
「写真展」のご案内有難うございました。
川上の「氷の自然芸術」感動的な作品でした!
寒さのみぎり、いよいよお体お大切にご自愛ください。

投稿: 綾瀬のトンちゃんです。 | 2012/02/10 10:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 旧品川宿から江戸情緒を想像する | トップページ | 大倉山エルムフォトクラブ写真展 »