« 5月末の森のようす 八ヶ岳山麓No.121 | トップページ | ミュンヘンの狩猟・漁労博物館 ドイツNo.97 »

2011/06/21

写真展 『樹木たち』 6月23日から29日まで

第5回 プロ―バー'01写真展Hpdm

 樹木を被写体とした写真はたくさんある。また、写真集もたくさん出版されている。一方で、樹木はフォトジェニックであり、身近な存在であり、だれにでも撮影のチャンスがある被写体だ。すなわち、撮りやすい被写体である。私の趣向からすると、樹木にかかわるテーマを避けたいのが普通だ。しかし、プローバー'01があえて樹木を取り上げたのは、今までの殻を破った写真展にしようという意気込みからだった。樹木にはいろいろな顔がある。自然の中での位置づけは言うに及ばず、人間と物質的、精神的にかかわっている。その姿や生きざまも人間と重なる部分が多い。樹木にかかわる写真なら何でもありという姿勢で取り組んだ。会場のあいさつ文と代表作を以下に掲載する。Hp_img

会場:フォトギャラリーキタムラ/会期:2011年6月23日(木)~29日(水) 日曜休館 10:00~18:00 土曜は11:00~17:00 最終日は~15:00

「樹木たち」

 樹木は、いろいろな顔をもっています。人間のような意思、長い歳月と風雪に耐えるパワー、信仰の対象となる尊厳、材木になる機能も備えています。その姿や生きざまには宿命の重さを感じます。 私たちは、樹木の友となり、共鳴して彼らの多様な顔を撮ろうと試みました。作品は、4つのカテゴリー 「意思と情動」 「忍耐とパワー」 「進化と宿命」 「霊魂と人々」 に分けて展示します。これは、私たちの樹木論です。ご高覧いただけたら幸いです。プローバー’01一同Hpdscn0086_2Hpp6227565_2

                                                    

                                                    

             

           

                                 

〔樹木の意思と情動〕 下左から「すねに傷」 大内喜義/「秋の喜び」 泉屋ゆり子/「孤高」 山下泰雄/「集積回路」 菅原郁夫04hp_3 02hp_403hp01hp

                                                      

           

           

           

〔樹木の忍耐とパワー〕 下左から「辛 酸」 天野貴郎/「枝 勢」 駒田順二/「風雪に耐える」 小池 測/「甲 冑」 新沼早智子07hp06hp_305hp_206hp_2

                                                     

           

                                             

〔樹木の進化と宿命〕 下左から「誕 生」 井上恭子/「火炎の誘い」 豊田芳州/「集 根」 小木曽光利/「風と共に」 門司親昭12hp 09hp11ahp10hp_2

                                                     

           

〔樹木の霊魂と人々〕 下左から「神の宿」 海老澤英男/「仏手柑」 廣幡安子/「不可視の時」 木所栄一15hp14hp13hp

                                                                        

             

             

             

             

『豊田芳州のTheme』に掲載された写真と文章は、著作権法で保護されています。無断使用は、ご遠慮ください。All pictures and writings on this blog are copyrighted.                                    

|

« 5月末の森のようす 八ヶ岳山麓No.121 | トップページ | ミュンヘンの狩猟・漁労博物館 ドイツNo.97 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 5月末の森のようす 八ヶ岳山麓No.121 | トップページ | ミュンヘンの狩猟・漁労博物館 ドイツNo.97 »