« 「野の花からのメッセージ」…フォトクラブ彩光展 | トップページ | 横浜居留地へのあこがれ 横浜No.51 »

2010/12/08

「私が共鳴した光景」…横浜写心倶楽部 写真展

                プローバー’01写真展はここをクリック

組み合わせとカテゴリーを重視Hpdmimg_0003

 横浜写心倶楽部の展覧会に初めてつき合った。私は、グループ展の展示を担当する以上は、グループとしての対外的な顔を作ることにしている。今回は、作品の選定からタイトルの吟味、カテゴリーの分類など、メンバーと相談しながら決めた。まず、一人3点の作品を撮影者の希望を尊重して選ぶ。3点が組写真になっていることが絶対条件だ。少なくとも有機的につながっていなければならない。それぞれの作品には組写真として納得できるタイトルを付ける。最後に、全作品を並べて分類し、カテゴリー(目次に匹敵するもの)を決めた。Hp_dmimg_0004この展覧会では「気になる自然」「私と時の移ろい」「人を見るがごとし」に分類した(リスト下参照 ポップアップ可)。始めから計画的に撮影されていないので、総タイトルの「私が共鳴した光景」は総論的になったが、やむを得ない。Hp_5少なくともこれぐらいのことをしないと鑑賞者に対して失礼なのではないか。ご高覧いただけたら幸いだ。

会場:港南区民文化センター「ひまわりの郷」 会期:2010年12月9日(木)~14日(火) 10:00~18:00(初日は14時~、最終日は~18:00)Hppc097843

 

 

Hppc097852

 

 

 

代表作を紹介する

Hp_4『銀 河』(気になる自然) 岡田正久

『男 舞』(気になる自然) 蛭川隆子Hp_7







Hp_6『嫉 妬』
(人を見るがごとし) 井川桂子

 

 

                                                      



 私は、八ヶ岳山麓で撮影したヤマオダマキ「飛揚」(写真下左)とコオニユリ「誘引」(同右)の2点を出品した。どちらもコンパクトカメラの最短撮影距離を生かした写真だ。Hp_2Hp_4

『豊田芳州のTheme』に掲載された写真と文章は、著作権法で保護されています。無断使用は、ご遠慮ください。All pictures and writings on this blog are copyrighted.

|

« 「野の花からのメッセージ」…フォトクラブ彩光展 | トップページ | 横浜居留地へのあこがれ 横浜No.51 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「野の花からのメッセージ」…フォトクラブ彩光展 | トップページ | 横浜居留地へのあこがれ 横浜No.51 »