« Feel British イギリスぽいってどんなこと? | トップページ | 沈黙の森から…初冬編 八ヶ岳山麓No.110 »

2010/11/20

組写真のタイトルを決めて撮影する

『目黒・江戸人情散歩』…フォトエッセイ

Hppb95306 最近、撮影会が始まる前に、メンバーに約5点の組写真とそのタイトルを提示している。当日の撮影会で、一つのテーマやイメージなどを伝えるトレーニングをしようということだ。メンバーにとって、タイトルを決められた以上は、それに沿 ったテーマやイメージが必要になる。そこがねらい目だ。被写体とタイトルの接点を意識して撮影しなければならないからだ。それは、テーマが絞られていく過程になる。組写真は、フォトエッセイでも、フォトポエムでも、フォトレポートでもよい。組写真には統一感と流れ、変化が必要なので、Hppb193392モチーフとカメラアイのバラエティーにもつながる。そのために撮影が散漫にならない。いままでの経験では、課題としてタイトルを提供したほうが良い結果になることがわかった。11月19日は、シャトロー会のメンバーと目黒駅から目黒不動尊にかけての一帯を散策した。組写真(5点)のタイトルを「目黒・○×散歩」とし、○×はそれぞれが決めて取り組むことにした。

 私は、撮影しながら、「目黒・今昔散歩」「目黒・江戸散歩」「目黒・人情散歩」「目黒・カメラ散歩」「目黒・秋の散歩」などを考えた。池波庄太郎の「鬼平犯科帳」などによると、江戸時代の目黒は、江戸近郊の農村という雰囲気だったという。しかし、寺院はたくさんあり、目黒不動尊を中心とする門前町の趣もあったようだ。Hp1796pb193407_2 そこには当然、人々の不安や悩みがあり、一方でそれから解放されたいという信心や占いもあったにちがいない。そのような心情を探る撮影をすることにした。そこで、タイトルを「目黒・江戸人情散歩」とすることにした。スタイルは、フォトエッセイである。

●護持…目黒不動尊(泰叡山瀧泉寺)の仁王門像(写真上右) ●結界…独鈷の滝(目黒不動尊の修行の場と思われる)(写真上左)

●修行…役の行者像(目黒不動尊 1796年入魂)(写真右)

Hppb193254_2●吉凶…大円寺のおみくじ

Hppb193285_2●慰霊…大円寺の五百羅漢

                 

Hppb193351_4 ●開帳…安養寺の門扉

Hppb193346_3●供養…安養寺仏塔

Hppb195315●焼香…目黒不動尊

                    

                   

Hppb195289_4●長寿…成就寺境内

Hppb193311            ●川遊び…目黒川

『豊田芳州のTheme』に掲載された写真と文章は、著作権法で保護されています。無断使用は、ご遠慮ください。All pictures and writings on this blog are copyrighted.

|

« Feel British イギリスぽいってどんなこと? | トップページ | 沈黙の森から…初冬編 八ヶ岳山麓No.110 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Feel British イギリスぽいってどんなこと? | トップページ | 沈黙の森から…初冬編 八ヶ岳山麓No.110 »