« イギリスぽいってどんなこと “FEEL BRITISH”            八ヶ岳山麓No.108 | トップページ | パリの乗り合い観光バス »

2010/09/20

秋の二つの写真展

まちだ写好会展写好会MARO展

 9月22日(水)から、私がかかわる写真展が二つ開催される。私も、最近パリで撮影した写真をそれぞれへ2点ずつ、計4点出展した。ご高覧いただけたら幸いだ。

「第40回 まちだ写好会 写真展」(下のDM)Hpdm_2

日時:2010年9月22日(水)~27日(月) 9:30~16:30 (22日は12:00~) /会場:町田市フォトサロン2階(☎042-736-8281薬師池公園内)Hpdm_3

   Hp会場風景

Hpp6107715『うっぷんを晴らす』 (撮影:豊田芳州 パリ・コンコルド広場)

Hpp6107597_2 『自制する』 (撮影:豊田芳州 パリ・パレロワイヤル)

               

                            

                           

      

                     

                                          

                                          

第六回 写好会MARO 写真展『フォト シンフォニー』(下のDM)Hpmarodm

日時: 2010年9月22日(水)~27日(月) 10:00~17:00 (22日は13:00~、27日は~16:00) /会場:海老名市民ギャラリー第1展示室(☎046-235-0366)Hpmarodm_2

                  

                    

会場のあいさつ文を紹介する                                        

「写好会MARO 第六回写真展」…フォトシンフォニー…

 グループ展には、テーマが欠かせないと思います。一つのテーマに向かってメンバーそれぞれがチャレンジし、その成果を発表するところに意義があるのではないでしょうか。 今回は、作品展を「フォトシンフォニー」ととらえました。たくさんの楽器で奏でるシンフォニーは音楽の頂点です。多彩なメロディーやリズム、ハーモニー、そして4つの楽章からなる雄大な構成など、写真の参考にしたい形式です。私たちは、メンバーそれぞれの作品をオーケストラの楽器やパートにたとえ、会場全体でシンフォニーを演奏できればと考えました。シンフォニーはテーマというより形式ですが、写真展を鑑賞いただく手引きになると思います。それぞれの作品から楽器の音色や強弱を聴きとり、メロディーやリズム、ハーモニーを想像していただけたら幸いです。 本日はご来臨、ありがとうございました。   写好会MARO一同

会場風景Hpmarop9224632Hpp9224641_2

Hpp6032461『ファンタジー』 (撮影:豊田芳州 パリ・ルーブル美術館)

Hpp6113380 『ラプソディー』 (撮影:豊田芳州 パリ・オペラ大通り)

                               

『豊田芳州のTheme』に掲載された写真と文章は、著作権法で保護されています。無断使用は、ご遠慮ください。All pictures and writings on this blog are copyrighted.

|

« イギリスぽいってどんなこと “FEEL BRITISH”            八ヶ岳山麓No.108 | トップページ | パリの乗り合い観光バス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イギリスぽいってどんなこと “FEEL BRITISH”            八ヶ岳山麓No.108 | トップページ | パリの乗り合い観光バス »