« 夜のシカを撮影 八ヶ岳山麓No.102 | トップページ | 英国王立写真協会 日本支部 長崎展 »

2010/05/13

写真展 『「2」のSTORY』

ヌービック・フォト・フレンズ 5 YOKOHAMA 写真展

 私がコーチを担当し始めてから5回目の写真展になる。『「2」のSTORY』はユニークではあるが難しいテーマだった。しかし、うまくまとまったと思う。メンバーの努力のたまものだ。作品は「2」にかかわる次のカテゴリーに分けて展示される。「共演」「信頼」「競う」「パートナー」「敬虔」「陰陽」の6つだ。ご高覧いただけたら幸いだ。会場の総評文を流用して写真展の解説とする。

日常の中にテーマを見つけるHpdm_2

 いうまでもなく「1」と「2」は違う。数が違うというだけでなく、「1」が「2」になるといろいろな関係を生じる。関係とは、「二つの物事について、一方を考えると必ず他方についても考えなければならないようになっている仕組みや、互いに影響し合う何らかの事柄」を指す。人間なら友情対立ライバルなどの関係がある。神仏には両手を合わせて合掌するし、仕事には道具を使う。自然界には植物と光の因縁がある。光には陰陽明暗因果がある。私たちの日常生活には二つの関係がたくさんある。Hpdm_4しかし、それらを漫然と見過ごしていた。ヌービック・フォト・フレンズ5 YOKOHAMAのメンバーは、そこに着目して『「2」のSTORY』としてまとめた。グループ展として、たいへんユニークなテーマであるが、やさしくはない。ここまで仕上げた英知と努力は画期的である。

会場:かなっくホール/会期:5月11日(火)~16日(日) 10:00~18:00 初日は13:00~ 最終日は~15:00

 私は「共演」のカテゴリーに『初雪』(写真下左)を、「陰陽」のカテゴリーに『中世の光と陰』(写真下右)を出品した。Hpp4171522_4Hppc145957

会場Hpp5111278_2                    メンバーHpp5111273_3                       

                                              

                            

          

                            

プログラム(要クリック)AB

             

                            

『豊田芳州のTheme』に掲載された写真と文章は、著作権法で保護されています。無断使用は、ご遠慮ください。All pictures and writings on this blog are copyrighted.

|

« 夜のシカを撮影 八ヶ岳山麓No.102 | トップページ | 英国王立写真協会 日本支部 長崎展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夜のシカを撮影 八ヶ岳山麓No.102 | トップページ | 英国王立写真協会 日本支部 長崎展 »