« 動物の痕跡と初雪…フォトレポート         八ヶ岳山麓No.87 | トップページ | ’09夏の思い出 八ヶ岳山麓No.88 »

2009/11/23

野の花からのメッセージ

フォトクラブ彩光 写真展 2009Hp

 山野草は、日に日に減っていく。私が八ヶ岳山麓で生活するようになってから20年が過ぎたが、毎年、観察できる花が少なくなっていく。だれかが掘り出していくようだ。横浜で、ザゼンソウまで鉢植えになっているのを見たことがある。山野草は、別のところに移植してもほとんど育たない。掘り出せば、滅ぶだけである。また、環境の変化も影響していると思われる。近年、シカが里に出てきたのは、野山の植生が変わってきたからだろう。目だって減っていく植物には、サクラソウ、ザゼンソウ、ウバユリ、カラハナソウ、ヤナギランなどが含まれる。このままでは、日本の山野草の多くは絶滅危惧種になってしまうだろう。

 フォトクラブ彩光のメンバーとつきあいはじめて1年半が経過した。つきあうほどメンバーの知識と見識の深さには感心する。そこで、今回の御苑展ではその見識を生かして「野の花からのメッセージ」というサブタイトルを付けた。植物が話しをするとしたらなんと言うであろうか。狭められる悪化する環境に愚痴をこぼしているかもしれないし、環境に適応して悦に入っているかもしれない。それをフォトクラブ彩光が代弁しようというわけだ。下記のとおり写真展を開催する。ご高覧いただけたら幸いだ。

Hp_2会場:新宿御苑インフォメーションセンター(新宿門隣り ☎03-3350-0151) ギャラリーは入場無料

会期:11月25日(水)~11月29日(日) 9:00~16:30 最終日は~15:00Hppb240413_2Hppb240406_2

展示中の会場

 私は、オオバギボウシの生きざまを撮影した「移ろい」と、夕立ち後のコオニユリを撮影した「清涼」を出展した。いずれも八ヶ岳山麓で撮影したものだ。Hpp9161260Hpp9161262

『豊田芳州のTheme』に掲載された写真と文章は、著作権法で保護されています。無断使用は、ご遠慮ください。All pictures and writings on this blog are copyrighted. 

|

« 動物の痕跡と初雪…フォトレポート         八ヶ岳山麓No.87 | トップページ | ’09夏の思い出 八ヶ岳山麓No.88 »

コメント

コメントありごとうございます。
山野草も年々色が淡くなってきたと専門家は言います。花の色にも温暖化や自然破壊の波が迫っているようです。それでも、園芸種にはない清らかさはあると思います。
ジーグさんの、ご活躍をお祈り申しあげます。

投稿: H.T. | 2009/12/13 12:42

野の花って色がとっても鮮やかですね。

私は20年前に少しですが
小淵沢に住んでいたことがあります。

この様な花を見ると懐かしく思います。
住んでいた家の庭には1年中秋桜が咲いていました。


野の花…どんな花より私は大好きです。

投稿: ジーグ | 2009/12/10 18:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 動物の痕跡と初雪…フォトレポート         八ヶ岳山麓No.87 | トップページ | ’09夏の思い出 八ヶ岳山麓No.88 »