« 野の花からのメッセージ | トップページ | 敬虔と祝賀のクリスマス ドイツNo.89 »

2009/11/30

’09夏の思い出 八ヶ岳山麓No.88

二重露出で葉に夏を焼き付けるHppb301695

 今年の夏は、山小屋のベランダにコクワガタが3匹も現れた。例年は1~2匹なので、異常な状況だ。3匹目が来たときは、驚喜した。コクワガタは貴重な昆虫だ。標高1400メートルの森では、めったにめぐり合わない。数が少ないだけでなく、存在感と風格がある。虫かごに入れて飼っていたが、夏の終わりに森へ放した。おそらく、今夏かぎりの出来事だろう。

Hpp8172171_2 オリンパスペンE-P1を使って「夏の思い出」を撮影した。夏に撮影しておいたコクワガタの写真(写真左)をパソコンで処理してシルエット調(ネガ)のプリントを作り、桜の紅葉と二重露出した。盛夏、コクワガタが元気に葉の上を歩き回るシーンをイメージした。思い出は、現在から過去を振り返ることだ。このようなモチーフでは二重露出のテクニックが有効だ。しかし、二重露出にかぎらず、撮影者のモチーフしだいで、写真は「過去」も「未来」も撮れる。Hppb301726_3どんな被写体にも過去と未来があり、私たち自身の心情も時の流れに従っているからだ。私たちは、常に過去から学び未来に期待する。「過去と未来」は撮影の重要なモチーフなのである。 参照:『理想的な多重露出撮影 横浜No.40』

『豊田芳州のTheme』に掲載された写真と文章は、著作権法で保護されています。無断使用は、ご遠慮ください。All pictures and writings on this blog are copyrighted.

|

« 野の花からのメッセージ | トップページ | 敬虔と祝賀のクリスマス ドイツNo.89 »

コメント

コメントありがとうございます。
そのうちに、成虫と幼虫がいっしょになった虫をお見せします。ご期待ください。

投稿: H.T. | 2009/12/09 20:17

面白い写真ですね。
冬にいる透明な虫。
夢に出そうです。

投稿: keicoco | 2009/12/05 21:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 野の花からのメッセージ | トップページ | 敬虔と祝賀のクリスマス ドイツNo.89 »