« 白馬山麓撮影記…フォトレポート | トップページ | 動物の痕跡と初雪…フォトレポート         八ヶ岳山麓No.87 »

2009/11/12

中世の市壁とベルリンの壁 ドイツNo.88

『壁』を造るのが得意Hpp5289383

 ベルリンの壁が崩壊して20周年になる。記念行事が行われ、あらためて東西統一の意義を確認した。日本を含むアジアでは想像もできない快挙だったと思う。

 ドイツは、神聖ローマ帝国の時代からビスマルクのドイツ帝国(初めての統一国家)を経て、現在のドイツ連邦共和国に至るまで、基本的には地方分権(領邦)国家だった。当初は、小王国、公国、選帝侯国、辺境伯領などの諸侯がそれぞれ領土を統治していた。互いに他の領邦を認め合い、戦争になると一致団結して外敵と戦うというかたちで、国土がまとまっていた。現在のドイツは、その領邦を引き継ぐかたちで16の州で構成された地方分権の連邦制国家である。このようにして、長年、地方分権の精神を育んできた。ベルリンの壁が取り除かれ、東西ドイツが統一された根底にも、この精神が流れていると思う。(写真上はノルドリンゲンの市壁、南西部分の外側。塔はFeiltrum)

Hpp5280001 日本でも道州制による地方分権制度の導入が検討されているが、既得権と利権が絡み合った現状と、他者に寛容になりにくい日本人の国民性を考慮すると、おそらく実現は不可能だろう。最近報道されている「事業仕分け作業」は日本にとって画期的な政治だが、事実を知れば知るほど絶望的になる。しかし、私は、ドイツのような地方分権の連邦制国家が理想的だと思っている。自然界の生物多様性と同じように、行政や国民の価値観は多様なほうが健全だと思う。写真上左 レプシンガー門から市壁の外と内を望む)

 中世の領邦はいくつもの町に分かれ、それぞれが安全と財産を守るために市壁(城壁)を造って、コミュニティーを形成してきた。領邦の中がまた地方分権だったのである。かつて、ドイツのほとんどの町は市壁で囲まれていた。しかし現在は、ほとんど取り壊されていると言っていいだろう。私が訪れたノルドリンゲン(Nordlingen)は、ほぼ完全に市壁が残されていた(写真上2点)。ロマンティック街道の隣町ディンケルスビュール(Dinkelsbuhl)やローテンブルグ(Rothenburg)も同じだと聞く。Hpp5258492Hpp5268849ほかにもいくつかの町で完全に近い市壁があるかもしれないが、だいたい市街地整備で撤去され、門とその周辺だけ、あるいは公園のひと隅に記念碑のように残されている場合が多い。写真上左 ノルドリンゲンの市壁上の回廊と内側 写真上右 市壁沿いにある地ビール工場)

 『モノが語るドイツ精神』(浜本隆志 著 新潮選書)によると、ドイツにかぎらず中世の人々には「マクロコスモス(大宇宙)」と「ミクロコスモス(小宇宙)」という対立的な世界観(宇宙観)があったという。少し長くなるが、その部分を引用すると、「マクロコスモスとは非日常的な、人間の力のおよばない世界を意味し、超自然現象、嵐、風、火、死、病気、不幸、災難、戦争もその世界に属する。Hpp5289480Hpp5258353さらに天空、大地、地下、森だけでなくオオカミ男、魔女、盗賊など得体の知れないものが住むところもそうであった。人びとはこのような世界に対し、畏敬と恐怖の念をもちながら暮らしていた。それとは対照的なものとして、ミクロコスモスは日常的な生活世界、中世都市、農村、家庭などの領域を意味する。」人びとは恐ろしいマクロコスモスから身を守るために市壁を造ったのだという。Hpp5289364Hpp5258503中世の人々にとっては、現代とは違い、不可解で対処できないことがはるかに多かったはずだ。残された市壁や城壁の高さと頑丈さを見ると、それがうなずけるのである。ドイツ人はたくさんの『壁』を造り、たくさんの『壁』を壊してきたと言ってよいのではないか。(写真上左 市壁の窓から外を望む 写真上右 弓や銃口を出す穴 写真左上2点 市壁の小さな出入り口。市壁の厚さがわかる。補修した部分から煉瓦の積み方がわかる)

 1961年、東ドイツがベルリンの壁を造った動機は中世の場合と同じではないが、根底に流れているものは似ているような気がする。“仮想マクロコスモス”の遮断という点では共通なのかもしれない。ドイツ人は壁を造るのも壊すのも得意だと言えないか? 参照 『ノルドリンゲンで暮らす ドイツNo.19』

『豊田芳州のTheme』に掲載された写真と文章は、著作権法で保護されています。無断使用は、ご遠慮ください。All pictures and writings on this blog are copyrighted.

|

« 白馬山麓撮影記…フォトレポート | トップページ | 動物の痕跡と初雪…フォトレポート         八ヶ岳山麓No.87 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 白馬山麓撮影記…フォトレポート | トップページ | 動物の痕跡と初雪…フォトレポート         八ヶ岳山麓No.87 »