« 理想的な多重露出撮影 横浜No.40 | トップページ | イワナとトリカブト 八ヶ岳山麓No.84 »

2009/09/15

大いなるドイツ ドイツNo.87

第38回「まちだ写好会」秋の写真展Hpdm

 まちだ写好会のコーチを務めて1年半になる。私は、今回で4度目の写真展参加だ。年に2度の写真展を開催するグループは少ないだろう。それだけ、メンバーの技術向上は目ざましい。写真にかぎらず、物事への取り組みは時間をかけたぶんに比例して向上するのが原則だ。もちろん才能や効率はあるが、一個人にとってはかかわった時間に比例して進歩向上する。これは学問と同じだ。まちだ写好会のますますの発展と、メンバーの写真ライフの充実を祈る。

会場:町田市フォトサロン1階(薬師池公園内)

期日:2009年9月16日(水)~23日(水)  10:00~16:30Hpp9158717Hpp9158715

                   

 私は、ライフワークである「ドイツからの風」から2点出品した。『ドイツの孤高』(写真下左)『ドイツの威光』写真下右)だ。どちらも、ドイツ連邦共和国に対する私の解釈である。Hpp9141253_3Hpp2269581_6

         

新しい展示用ツール 町田市フォトサロンで展示に立ち会った。壁面で作品の高さを決めるのに便利な道具が使われていた。レーザー光線を水平に投影して作品の高さ基準を決めることができる。Hpp9158695従来は、糸を水平に張って高さを決めていたが、その必要がない。糸が展示の邪魔になったり、緩んで精度が低下することがない。今までに数えきれないぐらい展示作業に立ち会ってきたが、革命的な道具だと思った。ただし、レーザー光線の発光部を覗き込むのは危険だ。商品名は、本体に「TAJIMA BLV-TY」と書かれているが、よくわからない。

『豊田芳州のTheme』に掲載された写真と文章は、著作権法で保護されています。無断使用は、ご遠慮ください。All pictures and writings on this blog are copyrighted.

|

« 理想的な多重露出撮影 横浜No.40 | トップページ | イワナとトリカブト 八ヶ岳山麓No.84 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 理想的な多重露出撮影 横浜No.40 | トップページ | イワナとトリカブト 八ヶ岳山麓No.84 »