« 初夏の大物釣行記 八ケ岳山麓No.77 | トップページ | 岩陰から引き出す 八ケ岳山麓No.79 »

2009/07/02

写真自由主義 八ケ岳山麓No.78

自然が身近になった…コンパクトカメラシリーズ9Hpp6206545

 最近は、デジタル・コンパクトカメラを携帯していないと不安である。フィルム一眼レフで撮影しても、同時に撮影したデジタル写真で仕上がりをほぼ確認できるので安心だ。また、デジタルコンパクトの性能が高く、十分な写真が撮れる。今までに写真展に半切の作品を何点も出展している。撮影直後に写りを確認できるので、常時携帯の意義が一段と高まった。一眼レフがなくても、フルタイムで作品を作れる態勢になったのがうれしい。

Hpp6065954 デジタルコンパクトの長所は接近能力にある。撮影では、カメラを上下/左右/前後、自由に動かしたい。しかし、一般にレンズには最短撮影距離という規制があり、被写体に近づくこと(前後の動き)には限界がある。ところが、デジタルコンパクトは、レンズ直前2~3センチまでピントが合う。近づくことで、写真が新鮮で生き生きしてくる。これは、私たちの日常にはない視覚だからだ。コンパクトカメラを持つことで、自然がより身近になった。

 散歩道の撮影が楽しい。気に入った写真がたくさん撮れるからだ。一眼レフの撮影ほど身構えないせいか、被写体がよく見える。何でも撮ってやろうという攻めの姿勢と、失敗してもかまわないという気安さが良い結果を生む。失敗したら何度でも撮りなおす。コンパクトカメラを持っていると何か解放されたような気になる。写真自由主義の到来だ。

ハンショウヅル(写真上右) 散歩道から少し外れたところで撮影。近所の人が教えてくれた

レンゲツツジ(写真上左) 放射方向に咲き並んだ花冠は昆虫を誘うのに有利なのだろうか

Hpp6065820_2モミの若葉 砲弾型の先端部が葉になる。画面上部の濃緑は昨年の葉だ。モミの葉の進化がうかがえる

Hpp6065785クロマツの花 今までじっくり観察したことがなかった。裸子植物の構造を観察できる

Hpp6066148ワラビの先端部 ワラビ(シダ)は裸子植物よりさらに原始的な植物だ。葉を広げようとしてうごめいているようすは進化の縮図である

Hpp6206462_2コガネムシ科の甲虫(正確な名まえは不詳) 触角を振りかざして葉の上を元気に歩き回っていた。デジタルコンパクトならではの臨場感だ

Hpp6065967_2虫こぶ はじめは何かの果実かと思った。虫こぶは、昆虫や線虫類が寄生して植物が異常に変形したものだ。直径3センチぐらいの球状だった

Hpp6216621_2水滴 雨上がりに撮影した。被写界深度が大きいデジタルコンパクトならではの写り方だ

『豊田芳州のTheme』に掲載された写真と文章は、著作権法で保護されています。無断使用はご遠慮ください。All pictures and writings on this blog are copyrighted.

|

« 初夏の大物釣行記 八ケ岳山麓No.77 | トップページ | 岩陰から引き出す 八ケ岳山麓No.79 »

コメント

先生、お返事ありがとうございます。
一眼は使ったことがないのでわかりませんが明かりが少ないときの色合いの低下は仕方がないことかもしれません。
WB設定などで、やりくりしてみます。
お教えいただきありがとうございました。

投稿: タナカ | 2009/08/02 15:08

日ごろ、「豊田芳州のTheme」にアクセスしていただき、まことにありがとうございます。
タナカさんのおっしゃる「濁り」について、私には正確にはわかりません。暗いだけなのか、カラーバランスの崩れなのか、鮮やかさ不足なのか、コントラスト不足なのか、いろいろなことが考えられます。とりあえずご返答いたします。
「日陰などの光が足りない」という意味は、日向より暗いと言う意味ですね。日陰を撮っても、カメラはオートで適正露出(明るさ)にしてくれるので、写真は明るく写ります。
日陰はホワイトバランス(WB)が日向と違うので、WB設定を「日陰」または「曇天」にセットして撮影しなければなりません。WB「晴天」で撮影したときは、画像処理ソフトでWBの補正をします。青みを帯びた色は改善するはずです。
日なたと日陰を同時にフレーミングすると、日陰はアンダー(シャドー部)に写り、濁りが出るでしょう。しかし、シャドー部なので目だたないはずです。
シャドー部を含め、露出アンダーの写真を画像処理ソフトで明るくすると濁るのは、カメラ一般の限界です。現状では写真の限界といってもよいでしょう。ソフトで鮮やかさを調節して乗り切ります。
高級なデジタル一眼レフは、シャドー部のカラーバランスが多少改善されていると思います。しかし、コンパクトカメラの長所は、それをカバーして余りあるものがあります。

投稿: H.T. | 2009/08/01 10:36

私もコンパクトを愛用しているのですが、日陰など光が足りない部分を撮影すると色(画)が濁るような現象が発生して悩まされています。
先生が撮影した画には濁りが見られませんが何かうまい撮影法があるのでしょうか?

投稿: タナカ | 2009/07/28 02:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初夏の大物釣行記 八ケ岳山麓No.77 | トップページ | 岩陰から引き出す 八ケ岳山麓No.79 »