« 写真展『水辺模様』 | トップページ | ドイツ 冬の旅…フォト・ハイライト ドイツNo.79 »

2009/03/11

まちだ写好会 春の写真展

Hpdmimg_5 まちだ写好会の写真展は37回目を迎えた。年々充実してきているうえに、今回は、自由作品のほかに課題作品「影」にチャレンジした。影は光が姿(現象)を変えたものである。光で画像を記録する写真にとって常に意識しなければならない撮影条件である。特に直射光がある条件下では、絶好のモチーフになる可能性が高い。また、シルエットやデフォルメ、因果関係などを伴うので、本体を暗示的に見せる効果がある。メンバーのチャレンジをご鑑賞いただけたら幸いだ。

会場:町田市民ホール・ギャラリー(Tel 042-728-4300)

会期:3月10日(火)から15日(日) 10:00~16:30Hpp3103850_2Hpp3103872_2

                                              

八ヶ岳山麓の春植物Hpmp5058236

 私は、春の植物を2点を出品した。ニリンソウは、花弁にできたメシベとオシベの影が印象的だったので「春影」(写真右)とした。ザゼンソウは、残照を求めるひたむきな姿に共感して「春光」(写真下)とした。どちらも、周囲の樹木が葉を広げて林床に直射光が届かなくなると枯れてしまう。すなわち、短期決戦型であり、他の植物と太陽光を分け合うタイムシェアリング(棲み分け)を実施しているとも言える。Hpp3091236_3

『豊田芳州のTheme』に掲載された写真と文章は、著作権法で保護されています。無断使用はご遠慮ください。All pictures and writings on this blog are copyrighted.

|

« 写真展『水辺模様』 | トップページ | ドイツ 冬の旅…フォト・ハイライト ドイツNo.79 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 写真展『水辺模様』 | トップページ | ドイツ 冬の旅…フォト・ハイライト ドイツNo.79 »