« ドイツ 冬の旅…フォト・ハイライト ドイツNo.79 | トップページ | ゲンゲンバッハ ドイツNo.81 »

2009/03/22

買い物かご ドイツNo.80

高い環境意識Hpp2212867_2

 ドイツへ行くたびに気になっていたのだが、ドイツでは買い物かご(バスケット)がポピュラーだ。特に、マルクト(市)ではかごが目だつ。それも、男性が持っている場面をしばしば見る。(写真右 ゲンゲンバッハのマルクト)

 日本でも、40年以上前には買い物かごが使われていた。私の家にも買い物かごがあったのを思い出す。スーパーマーケットやコンビニエンスストアーなどが普及してからは、買い物かごは消えた。Hp2p6077112_4店内のかご(ショッピング・バスケット)を使わざるを得ないからだ。その結果、レジ袋が浸透してしまった。言うまでもなく、レジ袋は資源やエネルギーを消費する。最近は、日本でもレジ袋を有料化したり、買い物客がマイバッグを準備するようになってきたが、ドイツでは、ずいぶん前から問題意識が高かった。少しでも節約しようという気持ちが伝わってきたのである。 (写真左 ヘレンベルグのマルクト)

Hpp6071782 もちろん、レジ袋がまったくないわけではない。我々外国人は買い物かごを持っていないので、支払うときにレジ袋が欲しいと言うと、用意してくれる。かご以外に布袋やナップザックなどの利用者もいる。いずれにしても、レジ袋を使うまいという風潮は浸透している。カップルで買い物に出かけると、男性が買い物かごを持つ役だ。男性独りだけで買い物かごを持っているシーンもよく見かける。ドイツの男性は女性に優しいと思うのだが…。また、紙袋の比率も日本より高い。果物や野菜、菓子類などを買うと、そのまま紙袋に入れてくれる場合が多い。Hpp2217758 紙とプラスティックのどちらが省エネ、省資源なのかは正確にはわからないが、ドイツの実情を紹介した。 (写真上右 ヘレンベルグのマルクト 写真左 ゲンゲンバッハのマルクト)

 最近、本屋で文庫本を買ったら、「カーバーをどうしますか」と聞かれた。「いらない」と言うと、店員はレジ袋に入れようとしたので、それも断った。ドイツで少しでも生活すると、これがあたりまえに思えるようになる。

『豊田芳州のTheme』に掲載された写真と文章は、著作権法で保護されています。無断使用はご遠慮ください。All pictures and writings on this blog are copyrighted.

|

« ドイツ 冬の旅…フォト・ハイライト ドイツNo.79 | トップページ | ゲンゲンバッハ ドイツNo.81 »

コメント

hasegawa様
アクセスいただき、ありがとうございます。
クレジット(Photo by Hoshu Toyoda)を入れていただければ、feco:newsへ使っていただいてけっこうです。よろしくお願い申しあげます。 11/13 H.Toyoda

投稿: H.Toyoda | 2009/11/13 10:04

こちらのカゴをもった夫婦の写真をいただけませんでしょうか?
用途は弊社の社外報「環境ビジネス情報誌(といっても簡単な無料冊子です)」の海外情報コーナーにてヨーロッパのレジ袋廃止の動きを紹介する際に掲載します。
バッグナンバーとしてURLをご覧下さい。

急を要しておりますので、すぐにメールアドレスにて返信いただけると助かります。
宜しくお願い致します。

投稿: hasegawa | 2009/11/06 18:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ドイツ 冬の旅…フォト・ハイライト ドイツNo.79 | トップページ | ゲンゲンバッハ ドイツNo.81 »