« 異常な雪と植物の戦略 八ケ岳山麓No.70 | トップページ | 第7回 英国王立写真協会 日本支部写真展「Japanese Style Ⅱ」 »

2009/01/24

コンパクトカメラで氷を撮る 八ヶ岳山麓No.71

寒気が作る形状…コンパクトカメラシリーズ7Hpp1041849

 自然が作る氷には、同じものがない。また、二度と同じものはできないだろう。目だたない平凡な氷もあるが、ときどき、なぜこんな形になったのだろうと思うほどの奇怪な氷もある。「自然の造形」とかたづけてしまうには惜しい。

 少しずつ形ができる要因がわかってきたが、最後の仕上げはだれにもわからない。珍しい形の氷を探して撮るのが楽しみだ。コンパクトカメラを、フルタイムで携行しているので、目についた氷は、すぐ撮影している。いつもカメラを持っていることは、すばらしいことだ。楽しみながら撮影した氷の写真を紹介しよう。カメラはすべてオリンパスSP-350、写真は上から順に〔1〕〔2〕〔3〕〔4〕〔5〕。

〔1〕気温が高くなってきて融け始め、壊れる直前の氷。 8ミリ(35ミリ判換算38ミリ スーパーマクロモード 部分拡大) Aモード -0.7EV補正(絞りF7 1/125秒) ISO400 WB晴天

Hpp1043592〔2〕小枝が芯になって膨らんだ氷が水面に達し、水面で翼のように広がったようだ 14.3ミリ(35ミリ判換算68ミリ) Aモード(絞りF5.6 1/100秒) ISO200 WB晴天

Hpp1043673〔3〕水面近くに突き出た枝が芯になって氷が発達した。枝を伝わってきた水滴と、水面から立ち上る水蒸気によってできたものと思われる。 8ミリ(35ミリ判換算38ミリ スーパーマクロモード) Aモード -0.3EV補正(絞りF6.3 1/50秒) ISO200 WB晴天

Hpp2124314_2〔4〕水中から突き出た小枝に発達したもの。半透明なのは、水中の泡によるものと思われる。水深のあるところにあったので、ズームアップした。 21ミリ(35ミリ判換算100ミリ) Aモード -0.3EV補正(絞りF6.3 1/40秒) ISO50 WB晴天

Hpp1043665_2〔5〕落ち込み(小さい滝)の上に発達した氷。飛まつが蓋をするように氷になる。全面結氷の前ぶれだ。水流がブレるようISO感度を下げて撮影した。 10ミリ(35ミリ判換算48ミリ) Aモード -0.3EV補正(絞りF8 1/20秒) ISO50 WB晴天

参照: 『氷の発達を観察する 八ヶ岳山麓No.44』 『氷のPL効果 八ヶ岳山麓No.47』

『豊田芳州のTheme』に掲載された写真と文章は、著作権法で保護されています。無断使用はご遠慮ください。All pictures and writings on this blog are copyrighted.

|

« 異常な雪と植物の戦略 八ケ岳山麓No.70 | トップページ | 第7回 英国王立写真協会 日本支部写真展「Japanese Style Ⅱ」 »

コメント

ひよこさんへ

 写真はカメラだけで撮るわけではないので、なかなか思いどおりにはできないものです。写真の仕上がりを支えているのは、被写体が90%だというのが、私の持論です。まず良い被写体(撮りやすく、表情があり、光がきれいなど)を選び、決めてください。被写体選びにはカメラアイが絡んでくるので、得意の撮影テクニックを5つぐらい持っていることの大切です。
 SP-350でいつも調節していることは、絞り値、ISO感度、ホワイトバランス、露出補正、マクロ・ON/OFF、AF方式などです。これらをいかに選択するかがポイントです。一度撮影して、すぐ液晶モニターで確認し、再調節して撮影します。気に入った写真を撮るには、たくさんシャッターをきることです。デジタル撮影では、たくさん撮った分だけ上達し、良い結果が得られるはずです。
チャレンジし、がんばってください。

投稿: H.Toyoda | 2009/05/03 09:12

豊田先生、ご無沙汰しております。
あれから何とかお金を工面してSP-350を購入しました。
しかし、先生の撮られた作品のように美しい画をなかなか吐き出してはくれません。
先生はシャープネスや彩度・コントラストの設定はどうされていますでしょうか?
風景が美しく映える設定があれば、できればお教えくださいませんでしょうか?

投稿: ひよこ | 2009/03/12 00:31

豊田先生、お返事ありがとうございます。
G7でも同等ですか・・・安心しました。
本当はSP-350が欲しいのですが。なかなか・・・
G7で頑張ってコンテスト入賞を目指してみます。

投稿: ひよこ | 2009/02/17 21:50

露出モード選択ダイヤルが付いているクラスのカメラ(ハイクラスのコンパクトカメラ)は、だいたいSP-350ぐらいの性能はありそうです。G7で問題ないと思います。G7のほうがうえかもしれません。SP-350も同じですが、使いこなすことができるかです。多くのアマチュアの方は使い方が難しいと言っております。ひよこさんなら大丈夫でしょう。

投稿: H.Toyoda | 2009/02/16 23:00

豊田先生、お返事ありがとうございます。
ご助言をいただけてありがたいです。
SP-350、早速購入しようと思ったのですが発売中止になってしまっている上どうもヤフオクでも中古なのにもかかわらず価格が高騰しちゃってるみたいです・・・
代用としてCANONのG7を考えているのですが豊田先生はG7とSP-350の実際の写りの違いはかなり違うとお考えでしょうか?
いいSP-350がオークションに出てくるのを根気よく待つべきか悩み中です・・・

投稿: ひよこ | 2009/02/14 14:50

コメント、ありがとうございます。
オリンパスSP-350は望遠側で114ミリ(35ミリ判換算)なので、遠くの被写体を大きく撮ることはできません。
しかし、一般的に、遠くの被写体を撮った写真はたいしたものにはならないと考えております。カメラブレでシャープさの欠如した写真になることも問題です。
写真は近くから撮るほど生き生きした臨場感のある写真ができるものです。
私はSP-350で撮りたい写真の95パーセントは撮れると確信しております。
単焦点の50ミリや35ミリ、28ミリだけで撮影している方々もたくさんいらっしゃいます。限られたレンズで撮ることで、カメラアイがさえてくるはずです。簡単な説明でご容赦ください。
ひよこさんのご成功をお祈りいたします。

投稿: H.Toyoda | 2009/02/09 10:04

豊田先生はじめまして。
豊田先生、本当に素晴らしい画像ですね。
とても、コンパクトカメラで撮ったとは思えません。
僕もSP-350が俄然欲しくなってしまったんですが、ズームが3倍までというのが少し気になってしまいます。
先生は遠くをSP-350で撮影されるときはどうされてますか?
遠くのものを撮影する場面でも作品づくりにSP-350でイケそうでしょうか?それとも遠くのものは少し厳しいのでしょうか・・・
ぜひともご意見を伺えればと思います。どうかよろしくお願いします。

投稿: ひよこ | 2009/02/04 19:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 異常な雪と植物の戦略 八ケ岳山麓No.70 | トップページ | 第7回 英国王立写真協会 日本支部写真展「Japanese Style Ⅱ」 »