« シュツットガルトのマルクトハレ ドイツNo.76 | トップページ | 「眠り」を解明しようとした写真集 »

2008/12/16

12月中旬の森から 八ヶ岳山麓No.67

積雪20センチ…フォト・レポートHppc140030_2

 12月14日朝、雨戸を開けると、目の前に銀世界が広がっていた。積雪は2~3センチだったが、みるみるうちに降り積もり、あっという間に20センチを越えてしまった。雪は大好きである。中学時代からスキーを始め、大学ではスキー部だったので、雪は親友のようなものだ。Hppc140108純白の視界は、自身の苦難や世間の暗さを吹き飛ばしてくれる。

Hppc140085 日中は、気温が上がり、枝に積もった雪はかなり解けたが、地表では根雪になるだろう。Hppc140147_2 地元のスキー場は、ホクホクだろう。自然の雪が降らないとスキー場経営の採算はきついはずだ。幸先の良い雪になればよいのだが。翌15日は、最低気温が氷点下9.5度Cまで下がった。私は、雪のおかげで小さな風景を撮影した。

Hp081215pc151459_2『豊田芳州のTheme』に掲載された写真と文章は、著作権法で保護されています。無断使用はご遠慮ください。All pictures and writings on this blog are copyrighted.

|

« シュツットガルトのマルクトハレ ドイツNo.76 | トップページ | 「眠り」を解明しようとした写真集 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シュツットガルトのマルクトハレ ドイツNo.76 | トップページ | 「眠り」を解明しようとした写真集 »