« 初夏のミュンヘン・レポート ドイツNo.56 | トップページ | 町の中のユーモア ドイツNo.57 »

2008/01/06

霧氷とスケートリンク 八ヶ岳山麓No.46

真冬の八ヶ岳山麓Hpp1049938

 今朝の最低気温は氷点下7度C、昨日は氷点下8度Cだった。八ヶ岳山麓は真冬であるが、まだなまぬるい寒さだ。本来なら氷点下10度以下でなくてはならない。灯油を買いにガソリンスタンドへ行ったら、スタンドの店員が、私たち“よそ者”に、「寒くてたいへんですネ」とあいさつされた。私にとっては、寒くないと“商売”にならないのだ。昨日、渓流へ入ったら、水面に落ちた枯葉に霧氷が付いていた(写真)。いちおう撮影はしたが、ものたりない。 【撮影データ】 オリンパスE-330 ズイコーデジタルED50ミリF2マクロ(35ミリ判換算100ミリ) 絞りF8 1/400秒 ISO250 WB晴天 

Hpp1052736 川上村の小学校は、毎年、校庭にスケートリンクを作る。低い土手を作って、水を流し込んだだけだが、りっぱなリンクができる(写真)。冬の体育はスケートをやるのだろうか、スケートがうまくなるわけだ。トリノ・オリンピックに出場した中嶋敬春選手も川上村出身だ。

 以前、川上村のスーパーでは冷凍食品を屋外で販売していたことがある。一日中氷点下なので、冷凍食品は融けないのだ。最近は、そのような場面を見なくなった。地球温暖化は明らかに忍び寄っている。しかし、校庭リンクはなんとか維持されている。

『豊田芳州のTheme』に掲載された写真と文章は、著作権法で保護されています。無断使用はご遠慮ください。All pictures and writings on this blog are copyrighted.

|

« 初夏のミュンヘン・レポート ドイツNo.56 | トップページ | 町の中のユーモア ドイツNo.57 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初夏のミュンヘン・レポート ドイツNo.56 | トップページ | 町の中のユーモア ドイツNo.57 »