« 夏の名残と冬の予感 八ヶ岳山麓No.42 | トップページ | 五智国分寺と浄興寺 »

2007/11/12

二つの平和にめぐり合う 八ヶ岳山麓No.43

虹と川上村Hppb110182_2

 11月11日は、ヌービック・フォト・フレンズ5のメンバーと八ヶ岳山麓で撮影をした。ヌービックは、私がコーチを務める写真グループ゚である。天候は荒れ模様で、雨、霧、日ざしとめまぐるしく変わったが、撮影にはかえって良い条件だった。撮影を終了し、JR小淵沢駅でメンバーと別れた後、北北東の空に鮮やかな虹が出た。前線が通過する瞬間なのか、風が空に枯葉を舞い上げ、一瞬嵐のようになった後だった。甲斐駒ヶ岳上空からもれた光が虹を作った。国内で見たものでは、もっとも濃い虹だった。虹は地上の雑事とはかかわりなく、平和の象徴に見えた。

Hppb110114 撮影行では、午前中、川上村を訪れた。カラマツの黄葉が最高潮で、村はカラマツに包まれて平和に見えた。

『豊田芳州のTheme』に掲載された写真と文章は、著作権法で保護されています。無断使用はご遠慮ください。All pictures and writings on this blog are copyrighted.

|

« 夏の名残と冬の予感 八ヶ岳山麓No.42 | トップページ | 五智国分寺と浄興寺 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏の名残と冬の予感 八ヶ岳山麓No.42 | トップページ | 五智国分寺と浄興寺 »