« 親子の仲をとりもつ自転車 ドイツNo.51 | トップページ | 子どもたちに恵まれた環境を ドイツNo.52 »

2007/10/08

ユニークなイベント 横浜No.16

Hp_3 ワールドフェスタ・ヨコハマ2007

 横浜は、2009年に開港150周年を迎える。その記念事業として10月6日、7日、ワールドフェスタ・ヨコハマ2007が開催され、世界の食と文化が山下公園に結集した。7日は好天に恵まれ、多くの観光客はヨコハマらしいエキゾチックな雰囲気を楽しんだ。今までに見たことがなかったのは、ゴミ処理を徹底したこと だ。分別ゴミ箱が数か所(不詳)設置され、Hppa070078_2 係員が随時処理していた。また、ゴミ袋を配り観光客の問題意識を喚起していた。スピーカーからは調理担当者へ手洗いのし方などをアナウンスし、衛生にも注意を払っているのは好感がもてた。ペットフリーでたくさんの犬が会場をにぎわせていた。また喫煙所が設置され、愛煙家には肩身の狭い思いをしなくてもよかったようだ。会場はきれいで、整然としたユニークなイベントだったと思う。横浜市や横浜青年会議所など主催者の努力を買いたい。

 私の好きなドイツの売店では、ビールとソーセージに人気があり行列ができていた。また、世界最古の醸造所製ビール「バイエンシュテファーナー」のボ トルも見えた(写真下)。Hppa070241_3 Hppa070017_01_2 

Hppa070021_01_3

Hppa070197_2

分別ゴミ収集所

Hppa080361_2希望者に配布されたゴミ袋

Hppa070099             喫煙所と分別ゴミ収集所

Hppa070081犬にとっても珍しい体験であろう

午後のメインステージに出演するたHppa070295めに横浜を訪れたミス・インターナショナルの一行が、中華街の媽祖廟(まそうびょう)に現れた

 横浜はかって異国の食文化の入り口だった。みなとみらい線「元町・中華街駅」構内には当時の状況が壁画になっている。たまたま目についたので紹介する。左からパン屋を描いた絵、昔のコーヒー豆を挽く状景、ビヤホールの広告。

Hppa070162Hppa070156Hppa070160   

なお、10月13日(土)と14日(日)は元町仲通でフードフェアーが開催される。また、横浜都市発展記念館(みなとみらい線日本大通駅下車0分)では、「写された文明開化」展が2008年1月14日まで開催されている。文明開化の写真と、当時の写真家たちのプロフィールを知るには良い機会だろう。

『豊田芳州のTheme』に掲載された写真と文章は、著作権法で保護されています。無断使用はご遠慮ください。All pictures and writings on this blog are copyrighted.

|

« 親子の仲をとりもつ自転車 ドイツNo.51 | トップページ | 子どもたちに恵まれた環境を ドイツNo.52 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 親子の仲をとりもつ自転車 ドイツNo.51 | トップページ | 子どもたちに恵まれた環境を ドイツNo.52 »