« 初秋 八ヶ岳山麓No.40 | トップページ | 夏の省エネは高原で 八ヶ岳山麓No.41 »

2007/08/22

山好きの男がネパールの人々に魅せられる

後藤弘之 写真展 『神々の国』--神のいる暮らし--Hpdm_2

 インターネットはすばらしいメディアである。山友だちである後藤氏のホームページを見て、ヒマラヤの写真がすばらしかったので、個展の開催を勧めた。その気になった本人の興味はヒマラヤより人々だった。山岳写真を期待していたが、ネパールの伝統と人々を被写体にした写真展になった。もちろんヒマラヤの写真も含まれるが、それは人々の精神的支柱としての要素である。この写真展が実現したのはインターネットのおかげである。

 写真展会場はネパールの雰囲気があふれ、音楽でいえばコンサートホールのようだ。後藤氏は管楽器を吹く音楽家でもあるので、当然かもしれない。作品を羅列しただけで編集されていない写真展は、もう時代遅れだ。観客に失礼である。『神々の国』は、作品全体が組写真として構成され、後藤氏のテーマがギャラリーにみなぎっている。写真がほかの表現メディアに対抗するためには、このような条件が必要だ。ギャラリーは表現の場であるはずだ。写真展の作品構成に音楽の流れは役立つのである。おそらく、ヒマラヤの写真展よりずっと充実しているであろう。なお、本写真展にはネパール大使館が協賛している。

憤怒の神 カーラ・バイラブHp0001zhcs_2

神々の住むところ サガルマータHp0105zsagarmatas_2

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              

会場代官山フォトギャラリー ☎03-3711-7523 (マップ参照)

期間:8月23日(木)~28日(火)、10:00~18:00  25日(土)、16時からネパール人留学生が出演するイベントがある

会場風景AHpp8229701                              会場風景BHpp8229710

Hpp8229734

会場風景C           会場風景DHpp8229713

後藤弘之氏のホームページ

『豊田芳州のTheme』に掲載された写真と文章は、著作権法で保護されています。無断使用はご遠慮ください。All pictures and writings on this blog are copyrighted.

|

« 初秋 八ヶ岳山麓No.40 | トップページ | 夏の省エネは高原で 八ヶ岳山麓No.41 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初秋 八ヶ岳山麓No.40 | トップページ | 夏の省エネは高原で 八ヶ岳山麓No.41 »