« 花撮影の魅力とは 八ヶ岳山麓No.39 | トップページ | 山好きの男がネパールの人々に魅せられる »

2007/08/21

初秋 八ヶ岳山麓No.40

イワナもシカも秋の活動…フォトレポートHp070820p8209578_2

 8月20日の最低気温は15.5度Cだった。いよいよ最低気温が下降線をたどりはじめた。秋の到来である。8日ぶりに渓流へ釣りに入った。樹木の葉はすでに黄色みがかり、林床の草の密度は、最盛期の半分以下だろう。自然の活動もピークを過ぎたようだ。ちょっと寂しい気がする。イワナやシカも秋の動きをしているようだ。森のようすをレポートしよう。

Hpp8209586_2渓流は平水だった。日当たりの良い淵から中型のイワナを釣り上げた(写真上と右)

Hpp8209638 川沿いの森を歩いていると、ウバユリがしっかりした実をつけているのに出会う

Hpp8209646_2 ウバユリの葉は枯れはじめ、渋い味を出している

Hpp8209658_2フシグロセンノウは虫に食われながらもがんばっている

Hpp8209625_2 風で落ちたクルミが林道に散らばっていた

Hpp8209619林床に獣道が縦横に走っているのが目立つ

Hpp8209607一つの足跡を調べてみた。大きなシカのようだ

『豊田芳州のTheme』に掲載された写真と文章は、著作権法で保護されています。無断使用はご遠慮ください。All pictures and writings on this blog are copyrighted.

|

« 花撮影の魅力とは 八ヶ岳山麓No.39 | トップページ | 山好きの男がネパールの人々に魅せられる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 花撮影の魅力とは 八ヶ岳山麓No.39 | トップページ | 山好きの男がネパールの人々に魅せられる »