« 赤レンガ倉庫 横浜No.4 | トップページ | 氷河時代の風景 信州No.9 »

2006/02/01

物質循環 信州No.8

hpp1315333自然界のリサイクル

 自然界では、いろいろな物質をリサイクルして使っている。落ち葉には、カルシウム、カリウム、マグネシウム、鉄、リンなどのミネラルが含まれていて、腐敗・分解すると水中や地中に溶け出す。それを根から吸収して植物は育ち、また落ち葉になる。この繰り返しを物質循環と言う。炭素や窒素など気体になる物質は広い範囲(地球と大気圏)で循環するが、ミネラルは通常はその森の中だけで循環する。ちなみに、農業では自然界のリサイクルをまねて、落ち葉を堆肥にして畑にまいている。

【写真解説と撮影データ】 写真は、浅い池の水面を撮影したもの。底に落ち葉が積み重なり、水面にはクレソンが自生している。白い髭のようなものはクレソンの根である。ミネラルを求めてうごめいているように見えた。

 常々、物質循環の場面を撮影したいと思っていた。循環は目に見える現象ではないので写真にするのはやさしくない。しかし、この被写体では、落ち葉のミネラルがリサイクルされてクレソンに使われているように見えたのでシャッターをきった。水底の落ち葉をはっきり見せようとPLフィルターを使ったが、効果が効きすぎて水面の質感がそこなわれてしまった。水面と水底を両方生かすPLフィルターの使い方は研究を要する。ニコンF100 AFズームニッコール28~105F3.5~4.5(約85ミリ) 絞りF11 1/80秒 エクタクロームハイカラー100 

|

« 赤レンガ倉庫 横浜No.4 | トップページ | 氷河時代の風景 信州No.9 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 赤レンガ倉庫 横浜No.4 | トップページ | 氷河時代の風景 信州No.9 »